会社情報トップ

会社情報

お知らせ

ニュース&トピックス
2003/02/27

フォトライト付き回転カメラ《MOTION EYE》搭載
着せかえムービーケータイ『A1301S』の発売について

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社(所在地:東京都港区 代表取締役社長:吉岡浩)はこの度、業界で初めて**フォトライト付きの回転カメラ《MOTION EYE(モーション・アイ)》*1 を搭載した、着せかえムービーケータイ『A1301S』を開発、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社への納入を開始いたします。ソニー・エリクソン製では初の31万画素カメラを搭載し、楽しく簡単にできる静止画・動画撮影・編集機能と、ご好評を頂いている着せかえのコンセプトをさらに進化させたデュアル着せかえパネルが特徴のビジュアルエンターテインメントケータイです。

『A1301S』は第三世代携帯電話(CDMA2000 1x)に対応、au機種の中で初めて従来のムービーサイズ(96×80ドット)に加えて大画面のムービーサイズ(128×96ドット)撮影に対応しています**。本体の折りたたみ部分にフォトライト付きの回転カメラ《MOTION EYE》を搭載、前後に約290度回転するカメラを内側に向ければ、友達とメイン液晶をしっかり確認しながら自分撮りをすることができます。静止画・動画撮影時には、残像が少なくなめらかに被写体の動きをモニターする「スムーズ・ビューワー」機能で、シャッターチャンスを逃しません。また搭載機能の一つである「フォトミキサー」を使えば、撮った静止画にメロディとメッセージを組み合わせて、楽しいアニメーションを簡単に作成、メールに添付して送ることができます。また、外観はこれまでソニー・エリクソン製端末として進化させてきた着せかえのコンセプトをさらに展開、フロントパネルとリアパネルが着せかえられる形になりました。付属パネルは3バリエーションあり、別売パネルも含めてデザインともに多彩なラインナップをご用意いたしました。

A1301S ラインナップ
A1301S 本体

主な特長

1) カメラと静止画・動画の撮影機能について
● 回転カメラ《MOTION EYE(モーション・アイ)》に業界初のフォトライトを搭載
本体の折りたたみ部分(ヒンジ部分)に業界初フォトライト付きの約290度回転するカメラ《MOTION EYE》を搭載しました。カメラレンズとともにフォトライトが回転するため、暗いところでもメイン液晶でしっかり被写体を確認しながら自分撮りができます。またカメラを使用しない時にはレンズを本体内側に収納し、レンズの保護もできます。またさらに、セルフタイマーを利用すれば、カメラを持たずに撮影することが可能です。
● なめらかで素早く被写体の確認ができる「スムーズ・ビューワー」機能&撮った画像をすばやく保存できる「リアルタイムエンコード」処理
カメラの撮影時に被写体の動きを自然かつ素早くとらえることができる「スムーズ・ビューワー」機能。最大1秒間に30フレームでモニタリングすることが可能です。残像が少なくなめらかに被写体を追うことができるので、シャッターチャンスを逃しません。
リアルタイムエンコード処理なので、撮った静止画や動画はすぐ保存できます。そのままメールに添付して送信できるなど快適な操作を実現いたしました。
● au 初**、大画面のムービーサイズ(128×96ドット)撮影に対応&優れたズーム機能
従来のムービーサイズ(96×80ドット)より、さらに高画素・高画質な大画面ムービーサイズ(128×96ドット)の撮影機能を搭載いたしました。より大きく鮮明なムービーをメールに添付して送ることができます。*
VGAサイズの静止画撮影において、業界初**の最大3倍ズーム(3段階)を搭載しました。携帯モードでは最大8倍のズーム(4段階)が、動画撮影時は最大4倍ズーム(3段階)が可能です。
* 大画面ムービー(128×96ドット)を受け取って表示・再生できるのは大画面ムービー(128×96ドット)再生対応機種に限ります。
* 撮影モードの設定は、大画面ムービーサイズと従来ムービーサイズの2種類となります
大画面ムービー:M(メール用)/128×96ドット
従来ムービー:S(メール用)/96×80ドット
2) 「フォトミキサー」機能でオリジナルアニメーションを簡単作成

撮った画像にメロディやテキストを添えて、簡単に楽しいオリジナルアニメーションを作ることができるフォトミキサー機能を搭載。オリジナルでグリーティングアニメや、メロディ付きプリクラアニメを作成して、メールに添付して送ることができます。*アニメーションの雛型は本体にプリセットされているものに加えて、ソニー・エリクソン製携帯電話サポートサイト「SonyEricsson@ez」からダウンロードすることも可能です。

* フォトミキサーで作成した作品をメール受信・再生できる機種は、A1301S、A1302SA、A5304Tです。受信・再生できる機種は、今後の新機種で順次追加される予定です。
3) デュアル着せかえパネル

従来機種で好評だった着せかえパネルコンセプトがさらに進化、本体のフロントパネルとリアパネルが交換可能になりました。両面を着せかえることで、楽しめる色やデザインの幅が広がり、多様化するファッションニーズにあわせ、より個性的にユーザーの好みを反映させることができます。本体色(3色カラーバリエーション)にあった同梱パネルのほか、さらに個性的で多彩な別売パネルのラインナップも充実いたしました。

4) 着うた™ &ezmovie*2 対応 ソニーグループのコンテンツ満載

アーティストの歌声がそのまま着信音や目覚ましのアラームとして使える、auの新サービス「着うた」に対応しました。ソニー・ミュージックエンタテインメントのCHEMISTRYの「SOLID DREAM」をプリセット。
またダウンロードして動画を楽しめるezmovie対応。大画面ムービーサイズ(128×96ドット)及び従来ムービーサイズ(96×80)のコンテンツが利用可能です。またソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」*3 の劇場予告編ムービー、キャラクターピングー*4 のクレイアニメの動画をプリセット。買ってすぐにお楽しみいただけます。ピングーは待受け画面や、クイックディスプレイのアニメーションにもプリセットされています。

5) 辞書ダウンロード

POBox*5 (予測変換機能)とセンタージョグを組み合わせた「スピードメーラー」*6 の使い勝手がさらに進化。「SonyEricsson@ez」から、予測変換用辞書が無料でダウンロード可能になりました。
エリア情報や趣味、ビジネス用語など様々な用語を集めた辞書を130種類以上ご用意、メール作成を強力にサポートいたします。最大20の辞書が利用可能な上、複数の辞書の優先順位の設定や、有効・無効の切り替えを可能にするなど、使用状況にあわせたカスタマイズが可能です。

6) 着せかえメニュー(ダウンロード)

メニュー画面のデザインをお好みに応じて自由に選択することが出来ます。プリセットされている5種類のパターンに加えて、「SonyEricsson@ez」から着せかえパネルのデザインにあった様々なパターンをダウンロードすることができます。パネルとメニューの両方でコーディネートを楽しんでいただけます。

7) クイックメッセージ機能

着信時に電話に出られないとき、自分の状況をワンボタンで発信側に知らせることができる機能です。5種類の固定メッセージ(「ただいま会議中のため、電話に出ることが出きません」など)の他に、自分でオリジナルメッセージを作成することも可能です。今回からクイックメッセージの後に伝言メモの設定をすることができるようになり、さらに便利になりました。

8) その他便利な機能・特徴
○ 動く絵文字対応
新規に動く絵文字に対応しました。
○ 2.0インチの65,536色TFTカラー液晶
○ クイックディスプレイ
○ 最大40和音
FM音源による32和音にPCM音源8和音が加わり、最大40和音を同時再生可能に。
○ 拡大文字
16×16ドットのボールドフォントに切り替え可能です。見やすい文字でメールなどを作成したり、読むことが出来ます。
<主なカメラスペック>
・センサー:CMOS 有効画素数31万画素
・ズーム:静止画撮影時
PCモード(VGA) デジタルズーム3倍(3段階)
携帯モード      デジタルズーム8倍(4段階)
動画撮影時     デジタルズーム4倍(3段階)
<主なムービー機能>
・撮影サイズ:
<従来サイズ>
S(メール用):96×80ドット
<大画面サイズ>
M(メール用):128×96ドット
・撮影時間:最大15秒
5秒、10秒、15秒から選べます。
もちろん全てメールに添付して送ることが可能。
・編集機能:
アフレコ機能、テロップ文字の色つけ、背景色の設定が可能。
・再生機能:
通常再生に加えて、早送り&巻き戻し、オートプレイ、ムービーイメージリストの表示(撮影した動画を6枚づつ一覧表示)などが可能です。また、受信メールに添付されたムービーのクイック再生に対応いたしました。
<主なフォト機能>
・撮影機能
連写機能(オート/マニュアル)、フレーム撮影、セルフタイマー撮影、日付スタンプ、シャッター音選択、ホワイトバランスなど。
・編集機能
通常再生、オートプレイ、サムネイル表示(撮影した画像を6枚づつ一覧表示してみることができます)など。
・再生方法通常
再生、オートプレイ、サムネイル表示(撮影した画像を6枚づつ一覧表示してみることができます)など。
<着せかえパネルバリエーション>
・標準セット付属パネル
両面2枚×2種類+クロコパネルの計3種類(フロントパネル3枚、リアパネル2枚)を同梱
○ 本体色「スペースブラック」の同梱パネル
エクストリームイエロー、ダイヤモンドブラック、ブラッククロコ
○ 本体色「チタンシルバー」の同梱パネル
ラピスブルー、クリスタルシルバー、シルバークロコ
○ 本体色「ミスティホワイト」の同梱パネル
シルキーライラック、パールバニラ、ホワイトクロコ
・別売パネル
両面2枚×10種類+片面1種類(カスタマイズ)がお楽しみいただけます。
マンダリン、ピーチクロコ、アクアクロコ、ルージュクロコ、トライバル、モノグラム、キッチュハート、ダルメシアン、ジャガー、ラインストーン、カスタマイズパネル
A1301S パネル
*1) MOTION EYE(モーション・アイ)はソニー株式会社の登録商標です。
*2) ezmovieはKDDI株式会社の登録商標です。
*3) © ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
*4) © The Pygos Group 2003
*5) POBoxはソニー株式会社の登録商標です。
*6) 「スピードメーラー」はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社の商標です。
**)2003年2月現在

主な仕様

製品名 A1301S
サイズ 約 W48×H98×D28mm
質量 約 115 g
連続通話時間 約 160分
連続待受時間 約 250時間
カラー スペースブラック、ミスティホワイト、チタンシルバー