会社情報トップ

会社情報

お知らせ

ニュース&トピックス
2003/12/09

モバイルムービーや音楽再生機能を搭載したモバイルAVケータイ
『ムーバ® SO505iS』の発売について

SO505iS ラインナップ

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社(所在地: 東京都港区代表取締役社長 久保田幸雄)はこの度、「メモリースティック Duo」*1 に録画したテレビ番組を観ることができるモバイルムービー*2 に対応し、音楽再生機能を備えるなど魅力的なAVエンタテインメント機能を搭載した『ムーバ*3 SO505iS』を開発、NTTドコモグループへの納入を開始いたします。

『ムーバ SO505iS』は、有効 130万画素 CCD を搭載、左右に 180度回転する回転式スタイルを「ムーバ SO505i」から継承し、さらに約 8mmの薄型化を実現いたしました。また進化した、ホイール状のディスクジョグ*4 を採用することで、従来の通話やメールなどの操作はもちろん、カメラやゲームなどのアプリケーションにおいても非常に高い操作性を発揮いたします。

さらに「メモリースティック Duo」に録画した地上アナログ放送のテレビ番組をモバイル機器に持ち出して観ることができるモバイルムービーに対応、本体側部に内蔵ステレオスピーカーを備え ATRAC3*1 の音楽データを再生できる機能を搭載するなど、「撮る・観る・聴く」のAVエンタテインメント機能が満載の携帯電話です。

主な特長

1) 2.3インチの QVGA 大画面液晶でモバイルムービーの再生が可能

「メモリースティック Duo」に録画した地上アナログ放送のテレビ番組をモバイル機器に入れて持ち出せるモバイルムービーに対応しています。モバイルムービーは、同機能に対応したソニー製のテレビ<ベガ>*1 や、テレビ録画専用の「メモリースティック」*1 ビデオレコーダー(「PEGA-VR100K」)などで録画することが可能です。
高精細な QVGA 表示に対応した 2.3インチの大画面液晶で、お好きなモバイルムービーをお楽しみいただけます。最大約 120分間のファイルを再生することが可能です(長時間モードで 128MB の「メモリースティック Duo」を使用した場合)。
また通常再生に加え、早送り、早戻し、レジューム機能(中断した場面からの再生)、マーカー機能(再生したい場面にマーキングが可能)など充実した再生機能を備えております。

2) ポータブルオーディオ機能を搭載 大迫力の内蔵ステレオスピーカーで音楽再生が可能

「メモリースティック Duo」に保存した高音質で著作権保護に対応した ATRAC3 の音楽データを再生することが可能です。本体側面には内蔵ステレオスピーカーを搭載しているので、大迫力でお好みの音楽をお楽しみいただけるほか、ステレオ対応の着メロの再生も可能です。なお、臨場感あふれる 3D サラウンドに対応した着メロ(曲名:ライオンは寝ているなど)をプリセットいたしました。
音楽は携帯電話側面に配置された平型ジャックに対応したヘッドホンでもお楽しみいただけます。なお、ソニーマーケティング株式会社から、別売でステレオイヤーセット(「DR-EX51S10」など)が発売されます。さらに、マンダリンオレンジと同色のステレオイヤーセットも台数限定で登場、携帯電話本体とヘッドホンを同色でコーディネートすることが可能です。
ATRAC3 の楽曲は CD からパソコンに取り込むほか、音楽配信サイトやコンビニエンスストアなどにあるマルチメディア端末からダウンロードして、マジックゲート対応「メモリースティック Duo」に保存することで携帯電話に持ち出すことが可能です。

3) 約 8mmの薄型化を実現 新たな入力デバイスとして回転するディスクジョグを採用

「ムーバ SO505i」に比べ最大で約 8mm の薄型化を実現いたしました。スリムでコンパクトなボディーで、通話やメール作成時などにより快適なキー操作を行うことができるようになりました。
また、従来のセンタージョグを進化させ 360 度回転するホイールと十字キーを組み合わせたディスクジョグを新たに採用。携帯電話として縦方向に開いて使うことはもちろん、本体を横向きにして使用するカメラやモバイルムービーなどのアプリケーションにおいて、優れた操作性を発揮します。メニュー画面もディスクジョグの動きにあわせて新規開発をいたしました。ディスクジョグを回転させるとメニュー画面もアイコンが回るユーザーインターフェースを採用いたいました。

4) レンズカバーを開ければカメラモードが起動するなどメガピクセルカメラの使い勝手が向上

有効 130万画素の CCD カメラを搭載。1280×960ドットの高画質な静止画を撮影することが可能です。また、レンズカバーを開ければカメラモードが起動するほか、マクロ撮影機能に対応するなど、カメラ機能の使い勝手が向上いたしました。主なカメラの特長・機能は以下です。

● 有効 130万画素の CCD を搭載: ソニー株式会社と共同で開発した携帯電話向けの低消費電力 CCD を搭載いたしました。
● レンズカバーを開ければカメラモードが起動: 素早くカメラ機能が立ち上がるので、シャッターチャンスを逃しません。
● マクロ撮影機能を搭載: マクロ切り替えスイッチを備え、近距離での撮影にご利用いただけます。2次元バーコードにも対応しております。
● 高輝度フォトライトを搭載: 従来機に比べて約 4倍の明るさを実現(*)し、薄暗いところでの撮影でご活用いただけます。
● 低照度での撮影機能が向上:低照度な撮影環境でも従来機(*)に比べ鮮明な画像を撮影できます。
● ボタン 1つで静止画と動画の切り替えが可能:動画と静止画の切り替えが「マイセレクトボタン」1つで可能です。
● 最大 16倍のデジタルズーム機能を搭載:静止画撮影時に、最大 16倍(25段階)のデジタルズームが可能です。
* 「ムーバ SO505i」との比較において。ソニー・エリクソン調べ。
5) 高画質の QVGA サイズでのムービー撮影・再生が可能

高画質の QVGA サイズのムービーを最大 10分間連続で撮影することができます(*)。また動画撮影中にも最大 4倍(13段階)のデジタルズーム撮影が可能です。撮影したムービーは、2.3インチの大画面液晶でお楽しみいただけるほか、他のモバイルムービー対応機器で再生してお楽しみいただけます。

ムービーの撮影モードは以下の 2つです。

● 標準:なめらか 160×112ドット、15fps(最大)
● 標準:大画面 320×240ドット(QVGAサイズ)、5fps(最大)
* 32MB 以上の空き容量が十分にある「メモリースティック Duo」に保存する場合。
6) エンタテインメントから実用的なものまで 充実したプリセット「iアプリ」*3
● XI[sái]_SO505iS: プレイステーションで大人気の新感覚アクションパズルゲームXI[sái]*5 の 3D 対応 iアプリを搭載。表示画面は横向き、縦向きからプレイしやすい方向に選ぶことが可能です。
● TextAlive*4: 感情をより豊かに表現できる「iアプリDX」*3 対応のメールソフトです。伝えたいメッセージにあわせて「ふわふわ」などのアニメーションのモードを選び、文字の拡大縮小・表示間隔を組み合わせることで表現力豊かなメールの送受信を行うことが可能です。また、モードは「モード管理」画面からダウンロードして追加することが可能です。
● PhotoShaker*4: 撮影した画像に自動的に BGM やトランジション(画面の変わり方)効果を加えることで、画像を楽しく見せるアプリケーションです。
● TV リモコン: ディスクジョグに適したユーザーインターフェスの TV リモコンを搭載しております。

その他「iモード」*3 上の公式メーカーサイト「SO@Planet」から、「番組表録画アプリ」、新生 AIBO*1 「ERS-7」の待ち受け時計アプリ「AIBO EYES Watch for ERS-7」、さらに世界時計としてご利用いただけるデザイン時計「Ambient Time」など様々なアプリケーション・コンテンツをダウンロードすることが可能です。

*1)「メモリースティック Duo」、「ATRAC3」、<ベガ>、「メモリースティック」、「AIBO」はソニー株式会社の商標または登録商標です。
*2)「モバイルムービー」は QuickTime™ を使用しています。
*3)「mova/ムーバ」「iモード」「iアプリ/アイアプリ」「iアプリDX」は NTT ドコモの登録商標です。
*4)「ディスクジョグ」、「TextAlive」、「PhotoShaker」はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社の商標または登録商標です。
*5) XI[sái] は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

主な仕様

製品名 ムーバ SO505iS
サイズ 外形寸法 高さ 110×幅 51×厚さ 25 mm
質量 約 133g
連続時間 通話 約 140分
待受け 約 460時間
ディスプレイ 液晶 半透過型
低温ポリシリコンTFT液晶
26万色
ドット数 240×320ドット(横×縦)
サイズ 2.3インチ
入力変換   POBox・辞書ダウンロード
音源 最大同時発音数 最大 64音
(PCM 音源+ ADPCM 対応)
ダウンロード保存件数
(ダイナミックアサイン)
iアプリ
メロディー
画像
最大〜400件
最大〜400件
最大〜400件
*上記 3つの機能で保存領域を共有するダイナミックアサインを採用。3つを統合して最高 6.4MB まで保存できるため、各々の保存件数は、組み合わせによって変化します。
メール 受信保存件数
送信保存件数
1000件
500件
電話帳 件数 1000件
電話番号 3000番号(1件につき 3番号登録可能)
内蔵メモリ 静止画用:4.8MB
ムービー用:9.0MB
ダウンロード用:6.4MB(ダイナミックアサイン)
フラッシュプレーヤー機能
カラーバリエーション プラチナブラック
ハニーベージュ
マンダリンオレンジ
カメラの種類 CCD 撮像素子
カメラの有効画素数 130万画素
デジタルズーム機能 静止画 16倍(25段階)
動画 4倍(13段階)
連写機能 VGAサイズ 4枚連写
補助照明 フォトライト搭載
サムネイル表示 〇(4枚と 9枚の選択可能)
スライドショー機能
撮影設定 露出値(EV)補正、夜景モード、セルフタイマー、ホワイトバランス、フォトライト、保存先フォルダ選択、回転、iショット(S)、(L)サイズへの切り出し、フレーム、スタンプ、文字入力

主なカメラ仕様

静止画撮影サイズと保存枚数
画像サイズ 内蔵メモリ
(4.8MB)
同梱 MS Duo
(16MB)
標準品
最大計
1280×960 約 22枚 約 74枚 約 96枚
640×480 約 48枚 約 163枚 約 211枚
待受
(320×240)
約 147枚 約 490枚 約 637枚
iショット(L)
(288×352)
約 149枚 約 492枚 約 641枚
iショット(S)
(120×120)
約 298枚 約 954枚 約 1282枚
動画撮影(目安時間)
画像サイズ 内蔵メモリ
(9.0MB)
同梱 MS Duo
(16MB)
標準品
最大計
標準:なめらか
160×112 15fps(最大)
映像 192kbps/音声 32kbps
約 5分 約 9分 約 14分
標準:大画面
320×240 5fps(最大)
映像 216kbps/音声 32kbps
約 5分 約 8分 約 13分
モバイルムービー再生時間
画像サイズ 内蔵メモリ
(9.0MB)
同梱 MS Duo
(16MB)
標準品
最大計
標準モード・SP
320×240 15fps(最大)
映像 216kbps/音声 64kbps
約 5分 約 5分
長時間モード・LP1
160×112 15fps(最大)
映像 96kbps/音声 32kbps
約 15分 約 15分
長時間モード・LP2
176×144 15fps(最大)
映像 64kbps/音声 64kbps
約 15分 約 15分

本件に関するお客様からのお問い合わせ先:

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社

お客様ご相談センター ナビダイヤル 0570-00-2516