会社情報

お知らせ

ニュース&トピックス
2013/09/04

ソニーモバイル、世界市場向けにXperia™ Z1を発表
日本市場にも導入予定

2013年9月4日(ドイツ・ベルリン)−ソニーとソニーモバイルコミュニケーションズは、ドイツ・ベルリンにて開催される世界最大級のコンスーマーエレクトロニクスショー IFA 2013に先駆けて行われたソニーのプレスカンファレンスにおいて、今秋以降に導入予定のスマートフォン、Xperia Z1の発表を行いました。

Xperia Z1は、ソニーの総合力を結集し、デジタルカメラやディスプレイなどの最先端技術を搭載したスマートフォンです。カメラ機能には、コンパクトカメラと同等サイズの1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサーExmor RS®(エクスモア アールエス) for mobile、高精細撮影を可能にする画像処理エンジンBIONZ®(ビオンズ)for mobile、明るく広角撮影が可能なGレンズなど、ソニーがカメラ開発で培ってきた技術を搭載しました。暗所でもノイズを低減し明るく、動く被写体もブレを抑えて鮮明に撮影でき、遠くの被写体も解像感を保ったまま3倍まで拡大出来る全画素超解像ズームに対応するなど、圧倒的な描写力を実現しました。

また、スマートフォンならではの新しいカメラの使い方を提案する、Xperia独自の4つの特徴的なアプリケーションを新たに搭載しています。

  • Social live(ソーシャルライブ): 撮影中の動画をFacebook上にリアルタイムで共有することができます。友だちからの「いいね!」やコメントも撮影中のXperiaの画面上で確認することができ、遠く離れた場所にいる人とも同じ瞬間を共有して楽しめます。
  • タイムシフト連写: シャッターを押した瞬間と、その前後1秒間に30枚ずつ、合計61枚の写真を高速連写します。シャッターを切る1秒前から撮影するため、シャッターチャンスを逃しません。
  • Info-eye™(インフォアイ):撮影したランドマークやワイン、書籍や文字列などの情報から、関連情報を検索します。例えばランドマークならその建物の歴史や周辺のおすすめ情報、アクセス方法など、ワインであれば生産地やワイナリーの場所、おすすめのフードメニューを検索して表示します。
  • ARエフェクト(エーアールエフェクト):ソニーが開発したSmartAR™エンジンが、3D空間を自動認識。選べるテーマや被写体によって多彩なエフェクトがかかり、撮影を楽しめます。気に入ったエフェクトで撮影して、友だちと共有することもできます。

ディスプレイには、幅広い色再現領域を持ち、豊かで自然な色や、繊細な色の違いを鮮やかに描き出すトリルミナス®ディスプレイ for mobileを採用しました。また、ソニー独自の超解像技術、X-Reality® for mobile(エックスリアリティ フォーモバイル)を搭載。画像を分析し、失われている画素を復元することで、動画をリアリティー豊かに再現します。

デザインは、オムニバランス(全方位型)デザインを採用。どの角度から見てもシンプルで美しく、シーン、使い方、持ち方を問わず、最適なバランスでお使いいただけます。フレームにはアルミ板から削り出した継ぎ目のないメタルフレームを採用しました。カラーはBlack(ブラック)、White(ホワイト)、Purple(パープル)の3色をご用意しています。また、IPX5/8、IP5X相当の高い防水・防塵性能も備え、シーンを問わずお使いいただけます。

【防水性能】 IPX5は噴流に対する保護等級で、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルの噴流水によっても電話機としての機能を保持する防水性能です。IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。
【防塵性能】IP5X等級の防塵性能。IP5Xとは、粒径75μm以下の塵埃が入った装置に8時間入れて取り出した時に通信機器の機能を有し、かつ安全を維持することを意味します。

また、進化したアルバムアプリケーションにより、Xperia本体に保存されているコンテンツや、ソニーのクラウドベースの写真・動画共有サービスPlayMemories Online™(プレイメモリーズオンライン)上のコンテンツも、シームレスにアプリケーション内で閲覧できるようになりました。また、PlayMemories Onlineの今秋実施予定のアップデートにより対応するオールシンク機能により、XperiaやPCなどに別々に保存していた写真も枚数に制限なく(*)すべて、Xperiaからいつでも閲覧できるようになります。
* 一辺が1920ピクセルを超える写真は、長い辺が1920ピクセルにリサイズされサービス上に保存されます。

Xperia™ Z1は今秋以降、日本を含めた各市場での発売が予定されています。

その他、Xperiaなどのスマートフォンとワイヤレス接続して新しい撮影スタイルを提案する、レンズスタイルカメラ『DSC-QX100』、『DSC-QX10』、顔検出機能等を利用し自動撮影するスマートイメージングスタンド『IPT-DS10M』、ミニ三脚『SPK-MK20M』など、Xperiaの楽しみをさらに拡げるコンパニオン商品の発表も行いました。

Xperia Z1 + DSC-QX100

IPT-DS10M

くわしくは英文のプレスリリース(原文)をご覧ください。
http://blogs.sonymobile.com/category/press-releases

また、9月14日(土)より銀座ソニービルにてXperia Z1のタッチ&トライイベント『Xperia Z1 Japan Premiere(エクスぺリア ゼットワン ジャパン プレミア)』を開催します。くわしくはこちらへ。
http://www.sonymobile.co.jp/event/sony/

  1. Xperia、info-eyeは、Sony Mobile Communications ABの商標または登録商標です。
  2. Exmor、Exmor RS、Gレンズ、BIONZ、トリルミナス、X-Reality、PlayMemoriesはソニー株式会社の商標です。
  3. SmartARは、ソニー株式会社が開発した拡張現実技術で、同社の日本国内及びその他の国における登録商標または商標です
  4. FacebookはFacebook,Inc.の登録商標です。
  5. その他、記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。