会社情報

お知らせ

ニュース&トピックス
2016/02/22

16:45:00

Mobile World Congress 2016出展について
~進化したXperia™ブランド商品群を通じて新たなコミュニケーションを提案
Xperiaスマートフォン、Xperiaスマートプロダクトなどを発表~

ソニーモバイルコミュニケーションズは、スペイン・バルセロナで開催中の世界最大規模の携帯通信関連・国際展示会「Mobile World Congress 2016」において、新たなコミュニケーションの方法を提案する進化したXperia™ブランドの商品群を紹介。新シリーズのスマートフォンXperia Xシリーズ(エクスぺリア エックスシリーズ)や、Xperiaスマートプロダクト『Xperia Ear(エクスペリア イヤー)』の商品発表に加え、『Xperia Eye(エクスペリア アイ)』『Xperia Projector(エクスペリア プロジェクター)』『Xperia Agent(エクスペリア エージェント)』などの参考展示を行いました。

現地時間2月22日(月)に行ったプレスイベントでは、社長 兼 CEOの十時裕樹が登壇し、「ソニーモバイルはコミュニケーションデバイスを、よりパーソナライズされ、より高い知能と機能を備えた、ユーザーの持つ人間としての能力を拡張させるツールへと進化させていきます。そして、人々をコミュニケーションでつなぎ、ユーザー一人ひとりに寄り添い支援するデバイスとサービスを提供します。このために、高度な先端技術を積極的に育み、これを優れた顧客体験の源泉としていきます。」と述べ、新たなビジョンを紹介ました。

【新商品の特長】

スマートフォン Xperia X シリーズ

Xperia Xシリーズは、ソニーモバイルのビジョンを体現したスマートフォンの新シリーズです。カメラ、バッテリーといった基本性能の進化だけでなく、スマートフォンにインテリジェンス(高い知能)を加え、ユーザーのより快適な生活をサポートします。シリーズ最上位機種の『Xperia X Performance』、フラッグシップモデル『Xperia X』、および中級価格帯機種『Xperia XA』の3機種を展開予定で、今夏以降、各市場で導入します。(日本では、Xperia X Performanceのみ発売予定)(*1)

  1. 発売時期、価格は、地域や通信事業者によって異なります。
Xperia X Performance

Xperia X Performance

Xperia X

Xperia X

Xperia XA

Xperia XA

(ディスプレイサイズ:3機種とも5インチ)

『Xperia X Performance』、『Xperia X』
  • ソニーのデジタル一眼カメラα™のエンジニアとの共同開発により、新たにPredictive Hybrid Autofocus(先読みオートフォーカス)機能を搭載しました。被写体の動きを予測することで、正確に被写体を捉え、ブレのない美しい映像の撮影を可能にします。
  • ソニーのバッテリー技術を結集し、最大2日間の長時間バッテリー性能(*2)を実現しています。また、Qnovo社(米国・カリフォルニア州)のバッテリー制御技術を導入し、バッテリーの状態に合わせた充電を行うことでバッテリーの寿命を約2倍(*3)長持ちさせることができます。
  • Xperia X Performance にはQualcomm社製64ビット クアッドコアプロセッサー
    Snapdragon™ 820、Xperia XにはQualcomm社製64ビット ヘキサコアプロセッサー
    Snapdragon™ 650を搭載し、高速で快適な操作を実現します。
  • 素材と質感にこだわり、丸みを帯びたフレームと、カーブしたガラス製ディスプレイを採用し、手のひらになじむフォルムを追求しました。
  • ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色のカラーバリエーションから選べます。
  • 専用のスタイルカバーの発売を予定しています。
『Xperia XA』

『Xperia XA』は、プレミアムカメラ、最大2日間の長時間バッテリー性能(*2)などを搭載した中級価格帯機種です。ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色のカラーバリエーションから選べます。

  1. 標準的な使用環境において。ソニーモバイルコミュニケーションズ調べ。
  2. 従来機種Xperia Z2比。ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社とQnovo社は、バッテリー性能の保持能力試験を従来機種であるXperia Z2にて実施した結果、最大2倍までの長寿命化を実現。但し、この効果は、使用状況・環境により変動します。

Xperiaスマートプロダクト

Xperiaスマートプロダクトは、家や外出先など、使用環境に合わせてお使い頂けます。リアルタイムでユーザーの行動を把握することで、好みや行動を理解し、有益な情報を提供します。

『Xperia Ear』

『Xperia Ear』は、耳に装着し、スマートフォンとワイヤレス接続で組み合わせて使用することで、ハンズフリーで新しいコミュニケーションの形を提案する商品です。

『Xperia Ear』と充電機能付きケース

『Xperia Ear』と充電機能付きケース

『Xperia Ear』使用イメージ

『Xperia Ear』使用イメージ

  • ソニーのボイステクノロジーと近接センサーの組み合わせにより、耳に装着することで、スケジュール、天気、ニュースなどの情報を聞くことができます。
  • Bluetooth®またはNFC(Near Field Communication)でスマートフォンと接続し、音声で指示を出すことにより、通話、インターネット検索、メッセージの読み上げ、ナビゲーションなどを行うことができます。
  • 充電機能を備えたケースに収納することで、自動的に再充電されます。
  • 本体の耳と接触する部分には、柔軟性のある素材を使用し、フィット感と軽量感を追求するとともに、IPX2(*4)相当の防水性能を有しています。
  1. IPX2とは、防水性能の保護等級です。
『Xperia Eye』 (参考展示)

『Xperia Eye』は、首から下げたり、衣服に装着することで、ハンズフリーで撮影を楽しめるコンパクトカメラです。ソニーのカメラおよびセンシング技術を最小の形状にまとめ、360°球面レンズ搭載により日常の自然な雰囲気を撮影できます。また、顔や声で撮影タイミングを検知するインテリジェントシャッターで、撮影タイミングを意識せずに写真を撮ることができます。

『Xperia Projector』 (参考展示)

『Xperia Projector』は、プロジェクターで映し出したスクリーンに直接触れたり、声やジェスチャーで操作することで、家族全員が一緒に楽しみながらコミュニケーションをとれる空間を提供します。直観的に操作できるユーザーインターフェースを用いて、家族にフォーカスした新しいコミュニケーションスタイルを提案します。

『Xperia Agent』 (参考展示)

『Xperia Agent』は、ユーザーの声に反応し、人々の日常を声としぐさでアシストします。ユーザーに合った情報を提供したり、通話やSNSなどのコミュニケーションをアシストしたり、家電をコントロールすることで、生活を便利にすることを目指します。

車載用Bluetooth® コマンダー 『RM-X7BT』(*5)

『RM-X7BT』は、スマートフォンとのワイヤレス接続で使用することで、運転中もスマートフォンの画面を操作することなく快適に機能を楽しむことができるアクセサリー商品です。

車載用Bluetooth® コマンダー 『RM-X7BT』
  • ソニーのボイステクノロジーにより、運転中も通話などのスマートフォンの主要な機能をハンズフリーで使用することができます。
  • ワイヤレス接続したスマートフォンの音楽を再生します。
  1. 『RM-X7BT』は、ソニー株式会社の商品です。

詳しくは英文のプレスリリースをご覧ください。
http://blogs.sonymobile.com/category/press-releases/

  1. Xperiaは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の商標または登録商標です。
  2. その他記載されている製品名等は各社の商標または登録商標です。