Xperia Photo Gallery


“Xperiaは絶対的な信頼感がある”と語る、
フォトグラファー東 真子さん。
ユーザーとしてCMに出演した彼女がXperiaを使い、独特の感性とプロフェショナルな
視点でとらえた写真を公開。
彼女の撮影テクニックもご覧いただけます。

One Point Advice by MACO AZUMA


構図がまとまらないときは、ズームを活用。

カメラ自体で近寄ると、広角レンズの特性上手前がより大きく、奥がより小さく写ってしまいパース(遠近感)がつきすぎることがあります。
そんな時は、ズームを使って、被写体から距離を離れてみましょう。情報が凝縮され、構図が安定しやすくなることがあります。なんだか被写体が歪むな?と感じたら、被写体から離れてズームを使ってみてください。

プレミアムおまかせオート

並んだものを実際よりも多く見せるには、画面いっぱいに撮影を。

限られた範囲にしか咲いてない花も、画面いっぱいに背景が見きれないように撮影すれば、目の錯覚で花がたくさん咲いているように見えます。花以外にも、ズラリと並んだ本棚や商品の陳列棚など、同じものが並んでいるポイントであれば応用できるので、実際よりも沢山並んでいるように見せるテクニックを試してみてください。

プレミアムおまかせオート

初心者でも簡単。
ワンタップで「明るさ」「色合い」を調節。

「プレミアムおまかせオート」はカメラ初心者の方から慣れた方までどなたでもキレイに撮れる機能ですが、より肉眼で見た風景にこだわりたいときは「明るさ」「色合い」を調節してみてください。Xperiaは撮影画面からワンタップで調節レバーが表示されるので簡単です。

プレミアムおまかせオート

背景をぼかしたいときは距離感を意識したアングルを。

一般的なスマートフォンでは難しい“ボケ表現”もXperiaなら可能です。Xperiaを被写体により近い位置に固定し、より遠くのものが背景に写りこむようなアングルを選べばOK。被写体は鮮明に、背景はぼかして写すことができます。

アングル選びが難しい場合でも、Xperiaなら「背景ぼかし」アプリがあるから簡単に背景をぼかした写真が撮れます。アプリ使うと背景のぼかし具合も気軽に調整できるから、ボケ感がより顕著になります。

背景ぼかし

流し撮りにはサングラスを使って、シャッタースピードをダウン。

まずは、マニュアルモードを選び、ISOを50に設定しましょう。それでも、明るい場所だとシャッタースピードが速くなり、動く被写体が止まって写ってしまうことがあります。その場合には、サングラスをレンズに当てればさらにシャッタースピードは遅くなるので、止まっているものはブレ、動いているものはくっきりと写りますよ。

動きが活発な被写体には「タイムシフト連写」で。

子犬など動きが活発でシャッターチャンスがつかみにくい被写体を撮るときは「タイムシフト連写」が便利。シャッターが落ちる前後のシーンもとらえてくれるので、わずかなタイムラグもフォローしてくれます。お子さんの撮影にもオススメです。

タイムシフト連写

Profileフォトグラファー 東真子

大学時代に写真を撮ることに魅力を感じ独学で写真を学ぶ。卒業後は総合電機メーカーに就職するが、フォトグラファーへの夢をあきらめきれず退社。ホームページにアップした作品が業界関係者の目に止まり、ファッション誌や自動車誌、広告を中心に活躍。世界最高峰のフォトコンテスト入賞も果たす。

[東さんが出演している、スペシャル動画はこちら]