Xperia FILE

実際に使っているから分かるXperiaの魅力を、リアルユーザーが語ります。

陶芸 × スマホ : “自分の作品が人一倍よく見えちゃいます。” 陶芸家 海老澤 希衣子が、Xperiaの魅力を語る。 | カメラ、接写、Info-eye

自分の作品が人一倍よく見えちゃいます。

File 025 陶芸 海老澤 希衣子

江戸時代からつづく鍋島焼の技法を継ぐ陶芸作家

子どもの頃から絵を習い、芸術方面の仕事を目指す。両親が料理好きで和食器を愛用していたこと、鍋島焼の陶芸家に師事したことなどをきっかけに陶芸の道へ。「鶯窯」を構え、鍋島焼の技法を基とした染付の器を手掛ける。

撮影日:2015年05月 
使用機種:Xperia Z2

動画を再生

スペシャルムービーを見る

陶芸家としてどのような活動をしていますか?

鍋島焼の作家をしていますが、自分の中では、作家ではなく茶碗屋と思ってやってます。

鍋島焼は江戸時代、鍋島藩が徳川幕府に献上品として捧げていた器で、当時、日本で一番レベルの高い焼き物だったみたいですね。線の引き方、ダミ(※)の流し方、器の形、全てにだれた部分がなく緊張感があって、染付をやるんだったら最高級のものをやりたい、そう思ったのが鍋島焼に出会ったきっかけでした。
(※)ダミ:太い筆で、広い面をむらなく塗り潰す方法

磁器の作家さんは一般的に分業なんですね。でも、私は全部一人でやってて、線描きをするための絵の具も自分で作り、買ってきた物ではやりません。絵付け、線描きが一番好きで、このお皿に何を描いていこう、お皿を使った人がどう思うだろう、って考えるんですよね。絵は器の中だけじゃなく、見えない外にも広がるように描いていて、この先に何があるんだろう、って空間も楽しんでもらいたいなと思っています。

お仕事でXperiaをどうお使いですか?

散歩してたり、草花を見たりしたときに、あ、これは、自分の作品に使える。というふうに思ったものは、かならず写真を撮ります。Xperiaは接写も可能ですし、自分で撮りたい部分が撮れますね。

花なら花で、葉っぱはどういう向きでどういうふうに生えていたのか、また、その葉っぱの下の、更にその下はどうなっているのか、土からどういうふうに生えて生命を得ているのか、というところまでわかんないと絵は描けないんですよね。

作品を撮るときも、Xperiaで撮ると器の縁が鮮明に出るんですよ。形がよくわかるのと、あと発色がいいので絵がきれいに写る。自分の作品が人一倍よく見えちゃいますね。

お仕事以外ではXperiaをどうお使いですか?

Info-eye™をよく使っています。知ったきっかけというのが、お友だちとレストランに行ったとき「このワイン美味しいね。どういう料理が合うんだろう?」って言ってたら、お友だちがInfo-eye™でラベルの写真を撮って調べてたんです。「え?そんなのがあるの?」って、自分でも使ってみたくてXperiaに替えたんです。

ワインの銘柄、ぶどうの品種って、詳しいところはソムリエに聞かなきゃわからないじゃないですか。でも、Info-eye™使ってると、銘柄調べて、産地も出てきて、こういう料理に合ってますよっていうのも出てくるので、ワインを飲むのがより楽しくなりましたよね。
ワイン好きの人にはXperia、おすすめですよ。

※Xperia FILEの動画・記事の内容は、取材時の情報に基づきます。

だから私は、Xperia。

スペシャルムービーを見る

and more

Xperia FILE 020:ガラス工芸 小沼 勇治 Xperia FILE 024:子育てママ 真鍋 摩梨 Xperia FILE 026:料理教室講師 髙橋 祐香 Xperia FILE 027:太極拳 佐藤 優子 Xperia FILE 028:ビートボクサー TATSUYA

New Xperia

  • docomo Xperia XZs
  • docomo Xperia XZ Premium
  • au Xperia XZs
  • SoftBank Xperia XZs