Xperia FILE

実際に使っているから分かるXperiaの魅力を、リアルユーザーが語ります。

芸術家×スマホ :“人間の目では見落とすことが、鮮明な画像で綺麗に撮れます。”  前野 博紀が、Xperiaの魅力を語る。 |高画質、カメラ、色、デザイン

人間の目では見落とすことが、鮮明な画像で綺麗に撮れます。

File 094 芸術家 前野 博紀

日本のいけばなアートを世界に発信する、日本一デカい作品を生ける芸術家

芸術家/華道家。「桜の前野」「花の建築家」として知られる。29歳で華道の魅力に触れ、あまりの衝撃から職を投げ打ち草月流の門を叩く。36歳で花匠前野として独立。2008年、東京ミッドタウン1周年スペシャル企画にて「桜の森」発表し大きな注目を集める。以降、国内外を問わず大型施設やTV番組、各種イベントで精力的に作品を発表。気鋭の芸術家・華道家として活躍中。

撮影日:2016年4月 
使用機種:Xperia ZL2

動画を再生

スペシャルムービーを見る

華に魅了されたきっかけは?

僕が初めて花と出会ったのは、29歳のときに偶然訪れた、草月展といういけばな展です。国籍も人種も世代も異なる老若男女が作品の前で感動していました。植物のもつ年代を超えたすべての者達に感動を与える凄いエネルギーに衝撃を受けて、僕も植物の偉大さを世界中の人に伝える役割になりたいと思ったんです。

海外の人は等身大よりも小さな作品の世界、ミクロな世界がいけばなだという捉え方が多いんです。しかし、できるだけ多くの人に花の魅力を伝えるためには、人間一番びっくりする物ってデカさじゃないかなと思って、日本一デカイ作品を生ける華道家を目指そうと独立しました。現在では大型のいけばなアートを世界に発表したり、日本のいけばなワークを世界の方々に見て頂いたりするような活動をしています。

「いけばな」において重要な事とは?

いけばなは、創ったらそれで終わりではないんです。華の状態って咲いたり散ったり、毎日変わっていくので、朝と晩にメンテナンスをしなきゃいけないんですね。さすがに毎日僕も行けないので、弟子にXperiaで作品の写真を撮ってもらい、華の状態を画像で判断しなければならない。

人間の目って確かなようで、見落としている事も結構あるんですよね。蕾の時の花の色、咲き始めた時、満開の時の色合いは全然違うんですよね。時間の経過とともにこうなるだろうと想像していた通りの色かどうかが重要なポイントになります。Xperiaはリアル以上にリアルというか、美しい鮮明な、解像度のある画像で、良くても悪くても現実をきちっと伝えてくれるので、リアルな目以上に僕は信じています。

芸術家から見た、Xperiaのデザインとは?

華の世界では、色、線、塊、の三拍子そろったものがいいという教えがあるんです。色っていろいろバリエーションがあるけれど、Xperiaはセレクトしていく色のセンスが物凄くかっこいい。はっきりとしたブルーだったり、味わい深い色だったり、日本を感じることができます。

それともう1つ、植物界は、直線の物が少ないんですね。だから、直線って言うのは人間の憧れの理想線だと思うんです。日本人は、障子とか襖、畳、全て直線で構成されたデザインの中に、いけばなのような有機体の曲線を入れるという調和を図ってきたんです。Xperiaを初めて見た時にすっごい直線的だったんですよ。直線の美しさが非常に見える、そこに僕は凄い共鳴できるんですよね。Xperiaは、華の世界で非常に活躍できるスキルを持っている 、切っても切れないほんとにパートナーだと思います。

※Xperia FILEの動画・記事の内容は、取材時の情報に基づきます。

だから私は、Xperia。

スペシャルムービーを見る

and more

Xperia FILE 092:マリンバ奏者 SINSKE Xperia FILE 093:イルカウォッチャー 櫻井 ルカ Xperia FILE 095:サッカー女子 SHO-NO Xperia FILE 096:銚子電鉄サポーター 池田 巧 Xperia FILE 097:猛獣飼育員 名倉 麗華

New Xperia

  • docomo Xperia XZs
  • docomo Xperia XZ Premium
  • au Xperia XZs
  • SoftBank Xperia XZs