Xperia FILE

実際に使っているから分かるXperiaの魅力を、リアルユーザーが語ります。

アクセサリーデザイナー×スマホ :“Xperiaはダントツにオシャレ。どんな服にも合います。”  KAEが、Xperiaの魅力を語る。 |カメラ、高画質、デザイン

Xperiaはダントツでオシャレ。どんな服にも合います。

File 104 アクセサリーデザイナー KAE

POPに、可愛く、少しダークに。独特の世界観を持つアクセサリーデザイナー

アクセサリーデザイナー。Fuzzy Set(ファジィ集合論)という「複雑なシステムを『曖昧』として捉えることで最適に制御する理論」を背景として、“目まぐるしい世の中や人の気持ちの曖昧さ”をメインコンセプトに、2006年よりブランド「High-Me TOKYO」を展開。2015年より“妄想が露呈する。”をコンセプトに妄想や空想を装飾品にしていく1点物のヘッドドレスシリーズ「WILD FANCY」をスタート。

撮影日:2016年5月 
使用機種:Xperia Z5

動画を再生

スペシャルムービーを見る

ブランドについて教えてください?

身につけて気分が上げる。そういうものを創りたくて、ブランド名をHigh-Me TOKYOという名前にしています。ブランドコンセプトとしてストーリーを毎回作っていて、世の中の曖昧さとか、人間関係とか、ちょっとダークな要素も入っていたりするのですが、そのままデザインに落としこむというよりは、POPに、可愛く、というところに重きを置いてデザインしています。キャッチーなものって流行り物でしかないし、負の部分をそのまま出したら誰も付いて来てくれない。ファッションに敏感な人、常にアンテナを張ってる人達にキャッチしてもらえるようなデザインを創っていきたいと思っています。

アクセサリーは、無いと生きていけない物ではないですけれど、そこに逆に魅力を感じると言うか、何かワンポイント欲しいなっていう時に、洋服に組み合わせることによって、その服自体もより良くなる。コーディネートの最後の締めという役割もあるんじゃないかなって思います。

デザインする上で、Xperiaはどのように役立ちますか?

風景だったり、植物だったりを撮って、デザインに活かしています。工場を訪れて素材の写真も撮ります。たとえばアクリル素材なら、こういう素材があるよ、こういう加工ができるよ、というところをたくさん撮らせてもらって、だったらこういうデザインも創れるんじゃない? なんて構想を膨らませています。

Xperiaは画質がいいので、撮った写真を後から見ても、現場にいた時の感覚に戻れるというか、その瞬間をちゃんと切り取ってるなっていう印象があります。アクリルには、色も模様もさまざまな種類がありますが、その姿がきちんと撮れますし、重ね合わせた時の奥行き感や、アクリルとは別の素材と組み合わせた時の素材感も本当にしっかり写るんです。デザインする上で、凄く役に立っています。

アクセサリーデザイナーから見たXperiaのデザインは?

Xperiaを選んだ理由も、洋服を買った時の感覚と似ていて、ダントツで1番おしゃれというか、スタイリッシュだなって思いました。シンプルな中にも色だったり、素材感だったり、らしさっていうのを主張しているなっていうのを感じます。

スマートフォンって、毎日使うし、手元にある事が多いので、アクセサリーと似ていると思っています。どういう服を着ていても、ちゃんとしっくりはまる、飽きの来ないデザインというのを私は大事にしていて、デザイン重視で選んでいます。

ファッションって、私はコラージュだと思っていて、組み合わせ次第で、魅力がいくらでも広がると思っています。Xperiaのデザインはどんな服にでも合うし、凄くセンスがいいと感じています。

※Xperia FILEの動画・記事の内容は、取材時の情報に基づきます。

だから私は、Xperia。

スペシャルムービーを見る

and more

New Xperia

  • au Xperia XZs
  • SoftBank Xperia XZs
  • docomo Xperia XZ
  • docomo X Compact