Xperia FILE

実際に使っているから分かるXperiaの魅力を、リアルユーザーが語ります。

トレイルランナー×スマホ :“山って天気が変わりやすい。Xperiaは防水ですし、命綱のような存在ですね。”  上田 瑠偉が、Xperiaの魅力を語る。 |カメラ、サイドボタン、高速起動・撮影、プレミアムおまかせオート、防水

山って天気が変わりやすい。
Xperiaは防水ですし、命綱のような存在ですね。

File 128 トレイルランナー 上田瑠偉

国内外のレースで優勝歴多数。トレイルランナー界の若きホープ。

トレイルランナー。コロンビアスポーツウェアジャパン所属。大学時代にトレイルランニングと出会い、トレイルレース初出場で大会新記録・優勝を飾る。2014年、2017年ハセツネ、同年日本山岳耐久レース大会新記録、2015年CCC(UTMB)年代別、2016年Gorge Waterfalls 100K大会新記録、同年ユーススカイランニング世界選手権など多数のレースを制覇。

撮影日:2017年9月 
使用機種:Xperia X Performance

動画を再生

スペシャルムービーを見る

トレイルランニングとは?

標高2,000mを越える場所を走ったり、岩や木の根っこがゴロゴロした急な下りを猛スピードで駆け下りたり、大会によっては100km以上の距離を一気に走破したりと、集中力、持久力、速さが求められる競技です。

本当にキツイ競技なんですが、そのキツさに耐えたあとに、山頂に登ると360度の大パノラマがある。見たこともない景色に出会えるところに魅せられた、という感じですね。野性に還って自然のなかを駆け巡れるんです。

競技生活の転機となったのが、2014年の、日本山岳耐久レースかなと思います。食べ物とか水を自分で背負って、70km走らなくてはいけない厳しいレースを、史上最年少、7時間1分13秒という大会記録で走りました。

海外の強い選手が集まる世界選手権で、優勝を目指していきたい。勝っていくことで、自分のアスリートとしてのキャリアも上がっていきますし、よりレベルの高いレースで走りたいと思っています。

レース中はどのようにXperiaを使用しますか?

大会では緊急連絡用にケータイ電話の携行が義務付けられていることが多いですし、楽しむことも大事だと思っているので、写真を撮りながら走っています。現在、コロンビアスポーツウェアジャパンに勤めておりまして、PR業務をしているので、情報発信も大事な仕事の一部です。走っているときに出会った景色とか、レースの様子とかを撮影して、SNSにアップしています。

レース中は、時間を無駄にしたくないので、サクサク操作できたほうがいいですね。Xperiaは、シャッターボタンを押すだけで、すぐカメラを起動することができるので、走りながらポケットから出して、一瞬止まってパパッと撮って、またすぐに走り出せます。数秒あれば撮れちゃうのは、本当に助かりますね。

また、シャッターボタンを押すだけで、対象物に合った光の調整や色味の調整をオートでしてくれるので、凄く使いやすいです。

Xperiaでなくてはならない理由は?

山ってけっこう天気が変わりやすいので、急な雷雨とかもありますし、走っている間に、自分がかいた汗でびっしょり濡れてしまいます。防水性が、かなり重要になってきますね。Xperiaは、防水性が高いだけでなく、画面が濡れても正確に操作することができるんで、それも気に入ってますね。

山の中にいるときに雨でケータイが壊れてしまったり、電池が切れてしまったりしたら、マップが見られない、電話できない。そうなったら助けも呼べなくなってしまうので、Xperiaがあるからこそ、安心して山の中にいられるかなと思います。命綱のような存在ですね。

※Xperia FILEの動画・記事の内容は、取材時の情報に基づきます。

だから私は、Xperia。

スペシャルムービーを見る

and more

Xperia FILE 126:ギタリスト YUKI Xperia FILE 127:ペトグラファー 小川 晃代 Xperia FILE 129:ランガール くらさわ かずえ Xperia FILE 001:放送作家 中島 彰則 Xperia FILE 002:サーフィン 中村 昭太

New Xperia

  • docomo Xperia(エクスペリア) XZ1
  • docomo Xperia(エクスペリア) XZ Premium
  • docomo Xperia(エクスペリア) XZ1 Compact
  • SoftBank Xperia(エクスペリア) XZ1
  • au Xperia(エクスペリア) XZ1