カメラ

カメラ メインビジュアル

クリエイティブな撮影を実現する
Motion Eye™カメラシステム。

「先読み撮影」に、笑顔検知が新たに追加。決定的な瞬間も、一瞬の笑顔も撮り逃しません。
また、1秒960コマの「スーパースローモーション」で、目では追えない瞬間を印象的な映像で残せます。

Motion Eye™カメラシステムメインカメラ

Motion Eye™カメラシステム

メモリー積層型イメージセンサーを搭載することで、従来比約5倍の高速データ読み出しを実現。これにより、目では追えない被写体の一瞬の動きを高精度にとらえます。

*Xperia XZとの比較。

Motion Eye

先読み撮影

決定的な瞬間や、一瞬の笑顔を撮り逃さない。

カメラが被写体の動きや笑顔を検知すると、自動で画像を一時保存。シャッターを押すと、撮影時と一時保存していた画像から最大4枚の写真を記録できるので、シャッタータイミングが遅れてもベストショットを選んで残せます。

カメラが被写体の動きや笑顔を検知すると、自動で画像を一時保存。シャッターを押すと、撮影時と一時保存していた画像から最大4枚の写真を記録できるので、シャッタータイミングが遅れてもベストショットを選んで残せます。
先読み撮影

※ベストな瞬間の1枚を保存することも、最大4枚の写真すべてを保存することもできます。
2枚または3枚保存する場合は、4枚すべての写真を保存してから不要な写真を削除してください。

スーパースローモーション

目では追えない一瞬を、スーパースローで印象的な映像に。

テレビや映画で見るような1秒960コマのスーパースロー映像を撮影可能。通常映像(1秒30コマ)からスーパースローへの緩急が印象的な、大迫力の映像を残せます。

※スーパースローモーションは、短時間で高速の連続撮影をするため明るい場所での撮影をおすすめします。

スーパースローモーション
ご利用のブラウザはvideo タグによる動画の再生に対応していません。
ご利用のブラウザはvideo タグによる動画の再生に対応していません。

オートフォーカス連写

オートフォーカス連写

動いている被写体を
クリアに連写できる。

被写体の動きを予測してフォーカスを合わせ続けるので、走っている子どもやペットなどをクリアに連写できます。約1秒間で最大10枚の連写が可能です。

自社で開発した最先端のカメラテクノロジー メインカメラ

自社で開発した最先端のカメラテクノロジー

約1920万画素の高感度イメージセンサー、進化を続ける画像処理エンジン、集光効率に優れたF2.0・広角25mmの高性能レンズ。α™やサイバーショット®で培ったソニーのカメラテクノロジーを注ぎ込み、美しい画づくりを実現しました。

Motion Eye

< Motion Eye™カメラシステム >
Exmor RS® for mobile

Exmor RS® for mobile

有効画素数約1920万画素を実現した、ソニー製1/2.3型高感度イメージセンサーExmor RS for mobile。風景の色調から人肌の質感まで、緻密に再現します。

BIONZ® for mobile

BIONZ® for mobile

ソニーのデジタル一眼カメラα™やデジタルスチルカメラ サイバーショット®の画像処理エンジンBIONZをXperiaに最適化したBIONZ for mobile。ノイズ低減はもちろん、高精度な露出制御、色再現を実現します。

Gレンズ™

Gレンズ™

高解像度で細部までくっきり再現するGレンズを採用。Exmor RS for mobileとBIONZ for mobileとの連携で、卓越した描写力を発揮します。

最先端の3つのセンサー
メインカメラ

最先端の3つのセンサー

室内のうす暗い場所でも狙った一瞬をきれいに撮影したり、光の影響を受けやすい夕暮れどきでも自然な色合いで撮影したりすることができます。

1.CMOSイメージセンサー

1.CMOSイメージセンサー

[作例]

うす暗いシーンでも
明るく、きれいに撮影。

イメージセンサーのピクセル(画素)サイズが大きく、多くの光を取り込めるので、夜景やイルミネーションも明るく撮影できます。

※縦横比4:3で撮影した場合。

2.レーザーAFセンサー

2.レーザーAFセンサー
うす暗い場所でも
狙った一瞬をとらえる。

うす暗いシーンでも高速オートフォーカスが可能。撮りたい瞬間を逃さず、きれいに残せます。

3.RGBC-IRセンサー

3.RGBC-IRセンサー
目で見たままの
自然な色を再現。

撮影時の光源を正確に認識することで、蛍光灯の下や夕暮れどきなどの、光の色の影響を受けやすいシーンでも自然な色合いで表現できます。

高速起動・撮影 メインカメラ

高速起動・撮影
さっと起動して、
すばやく撮れる。

カメラキーの長押し起動からオートフォーカス、撮影まで最速約0.6秒。すぐに撮影できるので、大切な瞬間を逃しません。

※カメラアプリの設定からクイック起動を選択し、起動&静止画撮影に設定する必要があります。

※記載の時間は弊社試験結果に基づく特定条件下での最速値です。

プレミアムおまかせオート メインカメラ

プレミアムおまかせオート

[作例]

カメラまかせで、
かんたん、きれい。

逆光や夜景、風景や人物、料理など、13種類のシーン×4つのコンディションを自動で判断。たとえば料理の写真なら発色を鮮やかに再現。おいしそうな写真が、誰にでも手軽に撮れます。

4K動画撮影 メインカメラ

4K動画撮影

高精細で美しい、
4K動画を撮影できる。

フルHDの4倍もの解像度を誇る4K画質で撮影できます。風になびく髪やみずみずしい肌の質感など、細部まで鮮明な映像を記録できます。

4K

インテリジェントアクティブモード
メインカメラフロントカメラ

ご利用のブラウザはvideo タグによる動画の再生に対応していません。
動きながら撮ってもブレない、5軸手ブレ補正。

サイバーショット®やハンディカム™の動画手ブレ補正技術を応用したインテリジェントアクティブモードを搭載。手持ちで被写体を追いかけながらの撮影でも、なめらかな動画を記録できます。

※手ブレ補正効果は撮影条件により異なることがあります。

マニュアルモード/シャッタースピード調整 メインカメラ

マニュアルモード/シャッタースピード調整

こだわりの写真を
撮影する。

13段階のシャッタースピードを選択可能。ペンライトを持って低速シャッターで撮影すれば、光の軌跡がネオンアートのように浮かび上がります。

マニュアルモード/フォーカス調整 メインカメラ

マニュアルモード/フォーカス調整

ピント合わせが
自由自在。

手前の被写体から奥の被写体までピントを自由にコントロール。フェンスやガラス越しの風景でも、しっかりピントを合わせられます。

有効画素数約1320万画素のフロントカメラ フロントカメラ

有効画素数約1320万画素のフロントカメラ

セルフィーも、
驚きの美しさで。

約2年前に発売されたXperia Z5のフロントカメラと比較して約2.5倍の約1320万画素で、セルフィーやグループショットを美しく記録できます。

※縦横比4:3で撮影した場合。

広角レンズ フロントカメラ

広角レンズ

[作例]

背景もしっかり収まる。

広角レンズだから、自撮り棒なしで、背景もしっかり入れて撮影できます。

ディスプレイフラッシュ フロントカメラ

ディスプレイフラッシュ

[作例]

うす暗いシーンでも
表情をきれいに
撮影できる。

新たにディスプレイフラッシュを搭載。うす暗いシーンでも、明るいセルフィーが撮れるようになりました。

Exmor RS For mobile

ハンドシャッター フロントカメラ

ハンドシャッター

[作例]

手のひらを向けるだけで、シャッターを切れる。

フロントカメラに手のひらを向けるだけで、自動でシャッターを切ります。カメラキーやディスプレイに触れる必要がないので、よりかんたんに撮影できます。

使いやすいUI
メインカメラフロントカメラ

使いやすいUI

片手でも操作しやすいUIを採用。指で画面をスワイプするだけで、メインカメラ/フロントカメラやマニュアル/プレミアムおまかせオート/動画/カメラアプリの切り替えがかんたんです。

ユニークなカメラアプリで、
写真や動画をもっと楽しく!

ARエフェクトアイコン ARエフェクト

ARエフェクト写真
ARがつくった世界で
遊びながら撮影できる

クリエイティブエフェクトアイコン クリエイティブエフェクト

クリエイティブエフェクト写真
創造力と遊び心で
その一枚をアートに

ムービークリエイターアイコン ムービークリエイター

ムービークリエイター写真
撮影した写真や動画から自動で
ハイライトムービーを作成する

> Xperia™ 使いこなしガイド「撮影する」

撮影協力:横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」