• 製品トップ
  • デザイン
  • 機能
  • アプリケーション・サービス
  • 仕様・オプション

OS

快適な操作性を実現する、Android 2.3搭載

簡単な操作で文字の範囲が選択可能

アプリケーションの処理速度が高速化し、快適な操作性を実現。ダウンロードアプリの一覧管理にも対応。コピー&ペーストの操作性が大幅に向上し、さらに快適な文字入力をサポートします。

ページトップへ

Flash Player 10.1

Flashに対応

PC向けの様々なWEBコンテンツが、Flash対応により快適に楽しめます。

ページトップへ

FOMAハイスピード

送信時最大5.7Mbps、受信時最大14MbpsのFOMAハイスピードに対応

HIGH-SPEED
YouTubeやPicasaなどへの動画・写真のアップロードなどが快適に行えます。
  • ※通信速度は送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。FOMAハイスピードエリア内であっても、場所によっては送受信ともに最大384kbps通信となる場合があります。FOMAエリア内でのFOMAハイスピードエリア外においては、送受信ともに最大384kbpsの通信となります。
  • ※送信時最大5.7Mbpsに対応したエリアの詳細については、ドコモのホームページをご確認ください。
  • ※下り14Mbpsのネットワーク対応は2011年夏頃予定です。

ページトップへ

プロセッサMSM8255 1GHz

高性能CPUだから、快適な操作性を実現

グラフィカルなインターフェイスや、高精細な動画をストレスなく表示可能。ダウンロードコンテンツも軽快に楽しめます。

ページトップへ

POBox Touch 4.0

文字入力が簡単にできる、ソニーモバイルコミュニケーションズ独自の予測変換機能

日本語・英語予測変換・入力アシスト機能「POBox」が進化。入力頻度の高い記号をスムーズに入力できる「記号アシスト機能」や「左右キーと“つづけて入力”」などに加えて、文字引用アプリを使って定型文や電話帳データなどを引用可能になるなど、多彩な機能を備えています。

母音キーの強調などにより、快適な日本語入力を実現

使用頻度の高い母音キーを強調することで、日本語の入力がスムーズに行えます。母音キーを大きく表示する「ワイド」や、次に入力の可能性があるキーをハイライトして、大きくダイナミックに表示することもできます。

ワイドハイライトダイナミック

12キー数字モード入力時のフリック入力に対応

あるキーをタッチすると、上下左右に入力可能な記号候補が表示され、入力したい記号が表示されている方向に指をフリック(なぞる)することで、その文字が入力できます。片手での文字入力をサポートします。

数字モードでもフリック可能にフリック入力の説明

キーボードのデザインを変えられる、「キセカエキーボード」

設定キセカエキーボード

POBox Touchのキーボードを異なるカラーやデザインに変えられます。

画面の向きや、入力モード別にキーボードの種類が使いわけ可能な、「モード別キーボード保持」

縦画面では12キーを、横画面ではQWERTYキーを、というように画面の向きごとに最後に使ったキーボードの種類を記憶させることができます。

縦画面のときは12キー/横画面のときはQWERTYキー

ページトップへ

ホームスクリーン

ウィジェット一覧表示機能

ピンチ操作により、ホームスクリーンのウィジェットをまとめて表示。必要な機能にすばやくアクセス可能。

ホームスクリーンのイメージ

ステージ上のアプリへのアクセスが簡単に

ホーム画面下の「ステージ」部分にアプリアイコンを自由に配置できるようになりました。さらにステージ上に配置したアプリはどのページからでもアクセス可能です。

アプリへのアクセスのイメージ

ページトップへ

クイックフォルダ機能

フォルダ作成が便利で簡単に

アプリの管理が、クイックフォルダ機能で簡単になりました。

ホームスクリーン アプリアイコンをドラッグ操作で重ねる フォルダデザインと名称編集 フォルダ内アプリの表示

アプリトレイ並べ替え

アプリトレイの並べ替え、入れ替えが可能

アプリトレイのアプリアイコンの表示順を「カスタム並べ替え」「アルファベット順」「よく使うアプリ」「最近インストールしたアプリ」から選択可能になりました。

アプリトレイ(入れ替え前) 並べ替えメニュー(最近インストールしたアプリ選択) 最近インストールしたアプリ順に表示