Xperiaアンバサダーサロン

アンバサダーイベント

発売前のXperia X Performanceをアンバサダーの皆様に体験していただく「Xperiaアンバサダーミーティング」。2016年6月1日、大阪の梅田スカイビルで開催されました。

6日前の東京に続き、大阪での開催となった今回のアンバサダーミーティング。受付で新端末Xperia X Performance、新しい「X」のロゴ入りTシャツ、オリジナルポーチをお渡しし、端末を触りながらイベントにご参加いただきました。

この日は急遽スペシャルゲストが登場。Xperia のCMにも出演されていたフォトグラファーの東真子さんが、大阪を拠点に活動されていることもあり、飛び入り参加して下さいました。東さんが現在お使いのXperia Z5 で撮影された写真をスクリーンに映すと、そのクオリティの高さに驚かれた方も多くいらっしゃいましたが、ほとんどが「プレミアムおまかせオート」で撮影されたとのこと。「写真を、もっと。だから私は、Xperia。」の決めフレーズも飛び出し、会場をおおいに盛り上げてくださいました。

WEB ムービー「Xperia FILE」、Xperia X Performance のコンセプトを紹介した後は、開発者たちによるプレゼンテーションを行いました。プレゼン中はお配りしたお弁当を食べながら楽しんでいただくことが恒例ですが、この日はプレゼンに聞き入られていた方も多く、新機種への関心の高さを如実に感じることができました。

開発者の解説中、画面を撮影しながらも熱心に話しを聞く皆様

開発者の解説中、画面を撮影しながらも熱心に話しを聞く皆様

大阪を拠点に活動中のフォトグラファー、東真子さんが登壇

大阪を拠点に活動中のフォトグラファー、東真子さんが登壇

お弁当を食べながら、参加者同士で楽しく談笑する姿も

お弁当を食べながら、参加者同士で楽しく談笑する姿も

デザインについては、開発の際の裏話も披露させていただきました。サンドブラスト加工の際に、0.01 ミリ単位で寸法が延びることに対処するため、ヘアライン加工の端末とは別の金型を作ったこと。角に小さなRをつけるため、特殊な絞り加工を用いたこと。「ゼロギャップ」をキーワードにサプライヤー様と激しい議論を繰り広げたこと。どれもエンジニアたちのこだわりが詰まったエピソードなだけに、壇上に立った開発担当者の説明も、自然と熱のこもったものとなりました。

カメラ機能は「高速起動・撮影」「オートフォーカス」「フロントカメラ」の3 点が大きく進化しました。現行機種との比較映像でも、起動速度やオートフォーカスの正確性が伝わったのではないかと思います。また、オートフォーカスの仕組みや、6 枚構成となっているフロントカメラのレンズについては、説明に使ったスライドの映像を撮影される方が特に多かったことも印象的でした。

このほかにも、ディスプレイ、オーディオ、Xperia 専用アプリの「スポットリスト」や「Movie Creator」について解説。その後の質疑応答も積極的に質問される方が多く、密度の濃い時間となりました。

女性の手にも持ちやすいラウンド形状

女性の手にも持ちやすいラウンド形状

左からホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールド

左からホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールド


タッチ&トライでは、より進化したXperia を感じていただけたのではないでしょうか。もぐらたたきのように飛び出る円柱を撮影して、カメラの高速起動・撮影をご体感いただくコーナーは、バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2016」でも展示したものでした。分解部品の展示やディスプレイ比較、Movie Creator のデモンストレーションにも、終始たくさんの人だかりができ、開発者へ専門的な質問をされる方も目立ちました。

一方で、テーブルごとにブロガー様同士の会話が弾んでいたことも、大阪らしい光景だったかもしれません。3 種類のお弁当をご用意していたため、誰がどれを食べるか、白熱したじゃんけんを始めるテーブルも。キャリアやガジェットについて情報交換をされていた方も多く、話にも花が咲いていました。

Xperia X Performanceでさっそく試し撮りする方も多くいました

Xperia X Performanceでさっそく試し撮りする方も多くいました

タッチ&トライでは、カメラの高速起動&撮影を体験できるブースも

タッチ&トライでは、カメラの高速起動&撮影を体験できるブースも


入場時にお配りしたT シャツを着ていただいての記念撮影では、「X」ポーズを取るなど、とても賑やかな雰囲気となりました。最後は本日の模様を撮影した写真をMovie Creator でハイライトにして、スクリーンで上映。ブロガーの皆様から大きな拍手をいただき、イベントを盛況に終えることができました。参加された方の感想をご紹介します。

「お店ではじっくり触れないので、普段使いで試せるいい機会ですよね。プレゼンの密度が濃いし、タッチ&トライで突っ込んだ話も聞けるので、いつも楽しませてもらっています。いまZ5 を使っていますが、X Performance はカメラのオートフォーカスと指紋認証が、断然速くなってますね。特に指紋認証はロック画面を見る間もなく終わるレベルだったので、ビックリしました。店頭で指紋を登録するわけにはいかないので、参加してよかったなと思います」(30代・男性)

「アンバサダーミーティングは高校生のときから知っていましたが、大学生になったので参加できるようになりました。もともとスマートフォンが好きで、他社のイベントに行ったこともありますが、こちらは内容が濃くて、技術的な話もバンバン出てくるので楽しかったです。デザインも開発された方のこだわりを聞いていると、愛着が湧いてきます。今日はMovie Creator が気になりました。これまでXperia シリーズは何台か買ってきたのですが、一度も使わずに放置していた機能なので、話を聞いて使ってみたくなりました」(10 代・男性)

「Z4、Z5 に続いて、今回で3 回目の参加です。初めて買ったスマホがXperia だったのですが、デザインやカメラが気に入って、ずっと使い続けてます。今回のデザインは、触り心地もいいですよね。ほかの端末は触っていて角が気になるんですけど、X Performance は開発者の方が話されていた通り、違和感もなく、持ちやすいです」(40 代・男性)

「前回も参加したんですけど、話を聞けるし、貸し出しもしてくれるところが気に入って、今回も応募しました。やっぱりカメラ性能がすごいですね。フロントカメラがこんなに進化しているとは知らなかったので、早く試してみたいです。いまは他社のスマホですが、このローズゴールドの色も素敵だし、またXperiaに戻ってこようか、これから3週間使ってみて考えたいと思います」(30代・女性)

オリジナルTシャツを着た皆様と「X」ポーズで記念撮影

オリジナルTシャツを着た皆様と「X」ポーズで記念撮影

分解パーツなどの展示物を見入る参加者の皆様

分解パーツなどの展示物を見入る参加者の皆様

65 型のスクリーンを使って、開発者がムービー機能を実演

65 型のスクリーンを使って、開発者がムービー機能を実演

今回のイベント内容やXperia X Performanceのご感想は、皆様のブログ記事にも執筆していただけることと思います。当サイト内で、ブログ情報も随時更新いたしますので、ぜひチェックしてください。

Xperia特選記事・ユーザーブログ

Xperia特選記事や、Xperiaアンバサダーのブログ情報を掲載中。

記事ブログ一覧 記事ブログ一覧 記事ブログ一覧

今回イベントで体験していただいた機種

  • so-04h
    Xperia X Performancedocomo
  • XPerformance
    Xperia X PerformanceSoftBank
  • sov33
    Xperia X Performanceau