会社情報トップ

会社情報

お知らせ

brand

ニュース&トピックス
2010/09/30

小型、長時間連続通話&待受が特長
携帯電話2台の同時待ち受けが可能なマルチポイントに対応した
『VH410』などBluetooth®対応アクセサリー2機種を発売

VH410/VH110


ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社(所在地:東京都港区 代表取締役社長:仲井一雄)はこの度、携帯電話と組み合わせて通話をワイヤレスでお楽しみいただける、Bluetooth®(*2)技術対応のワイヤレスヘッドセット『VH410』、『VH110』の2機種を10月21日から発売いたします。

『VH410』、『VH110』の2機種は、小型、長時間連続通話・待受が特長で、Bluetooth® Ver.2.1に対応、マルチペアリング対応により8台までの機器を登録することができます。『VH410』は、携帯電話2台の同時待受が可能なマルチポイントに対応しています。携帯電話を2台お持ちの場合でも、どちらの携帯電話にかかってきた着信も受けることができます。『VH110』は、本体質量約9.5gと軽量で、快適な装着感を実現しました。

ソニー・エリクソンは2001年の設立以来、海外市場でさまざまなBluetooth®技術対応アクセサリーを展開しています。日本市場には2008年4月に参入し、FMラジオチューナーを内蔵、OLED(有機EL)ディスプレイを搭載した『MW600』など、これまでに計10機種を販売してまいりました。今後も、様々な用途やシーンに合わせた多彩な製品を導入し、Bluetooth®技術対応製品の市場拡大を目指します。

各モデルの主な特長

●『VH410』 -長時間連続通話・待受&マルチポイントに対応
・携帯電話の2台同時待受が可能な「マルチポイント」に対応しています。携帯電話を2台お持ちの場合でも、『VH410』1台でどちらの携帯電話にかかってきた着信も受けることができます。たとえばビジネス用、プライベート用などで、携帯電話を2台使い分けている場合に便利です。
・携帯電話などBluetooth®技術対応の接続機器を8台まで登録することができる「マルチペアリング」に対応しています。登録された機器であれば、使うたびにペアリングすることなくお使いいただけます。
・連続通話約10時間、連続待受最大約350時間(*3)
・本体質量約11.6gと小型で、快適な装着感を実現
・本体上部自体が通話ボタンとなっており、簡単に通話操作ができます。
・押しやすく、簡単に操作できる、独立したボリュームコントロールボタンを搭載
・ブラック、レッド、シルバーの3色のカラーバリエーション
・ノイズリダクション機能、エコーキャンセル機能を搭載
●『VH110』 -コンパクトで軽量なボディ&マルチペアリングに対応
・携帯電話など接続機器を8台まで登録することができる「マルチペアリング」に対応しています。
・本体質量約9.5gと小型、軽量で快適な装着感を実現しました。
・連続通話約10時間、連続待受最大約350時間(*3)
・押しやすく、簡単に操作できる、独立したボリュームコントロールボタンを搭載
*1) 「make.believe」は、ソニー株式会社の商標です。
*2) 「Bluetooth®」は、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標であり、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社はライセンスに基づいて使用しています。
*3) 周囲の温度や使用状態により、通話時間および連続待受時間は記載と異なる場合があります。

主な仕様

製品名 『VH410』 『VH110』
質量 約11.6g 約9.5 g
連続通話時間(*3) 約10時間 約10時間
連続待受時間(*3) 約350時間 約350時間
カラー ブラック、レッド、シルバー ブラック
Bluetooth®技術仕様 Bluetooth®標準規格Ver.2.1 HFP、HSP
+EDR EDR 2Mbps対応
最大通信距離 約10m
電源:入力 AC100-240V、100mA
出力 DC5.0V、550mA
接続端子 microUSB
マイク部 全指向性エレクトレットコンデンサー型
内蔵電池 内蔵リチウムイオン式充電池
付属品 充電器、イヤーパッド(S,M,L)、
イヤーフック、ネックストラップ
充電器、イヤーパッド(S,M,L)、
イヤーフック(S,L)

* 価格はいずれもオープン価格です。

「VH410」製品情報ページ

「VH110」製品情報ページ