会社情報

ニュースリリース/重要なお知らせ

お知らせ

brand

ニュース&トピックス
2011/02/28

ソニー・エリクソン、オリジナルコンテンツ「RE;Mind」
予告編公開のお知らせ

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社(所在地:東京都港区 代表取締役社長:仲井一雄)は、秋元康氏企画によるオリジナル動画コンテンツ『RE;Mind(リ;マインド)』の予告編を、ソニー・エリクソンのAndroid(*1)端末向けアプリケーション、「life.episode™(*2)」、及び動画共有サイトYouTube™(*1)の「Sony Ericsson Japan Channel」にて2月28日より公開いたしました。

今回予告編を公開した「RE;Mind」は、「モバイル向けの新しいコンテンツを作ること」をテーマに、ソニー・エリクソンが、テレビ番組や映画など、さまざまなコンテンツを生み出している秋元康氏とともに製作したオリジナルの動画コンテンツです。映像の明るさや色の調整、アングル、またストーリー展開等はスマートフォンでの視聴を前提に調整、製作されています。

「RE;Mind」の本編は、12のエピソードで構成され、日本を初め、韓国、欧州、北米で配信される予定です。日本国内においては、3月下旬以降、Androidマーケット™(*1)より、順次配信される予定です。

*「life.episode™」は、ニュース、音楽、アニメーション、ショッピングなど幅広いジャンルの最新情報をユニークなインターフェースで提供するソニー・エリクソンのオリジナルアプリケーションです。Xperia™(*2) SO-01B、Xperia™ arc SO-01CをはじめとしたAndroid™搭載端末に対応しており、Androidマーケット™から無料でダウンロードいただけます。

*「life.episode™」は、2012年11月末でサービスが終了いたします。サービスが終了後は「Google Play」から「life.episode™」アプリのダウンロード、および既に端末上にダウンロードされている「life.episode™」のご利用ができなくなります。

【予告編】

以下2つの方法でストリーミングでご視聴いただけます。
㈰ソニー・エリクソンのオリジナルアプリ「life.episode™」をAndroidマーケット™からダウンロード。
㈪YouTube™ 「Sony Ericsson Japan Channel」にアクセス。
http://www.youtube.com/user/SonyEricssonJP#p/u/0/GikQbnw1hEw

【本編】

Androidマーケット™にて3月下旬より配信予定。
配信スケジュール、価格は後日お知らせいたします。

また、ソニー・エリクソン製Xperia™ SO-01B、Xperia™ arc SO-01Cをお持ちのお客様は、「life.episode™」をダウンロードいただければ、本編公開後、エピソード1、2を無料でストリーミング視聴いただける予定です。

 
【作品概要】  
タイトル:「RE;Mind (リ;マインド)」
ジャンル:ミステリー、スリラー、ドラマ
言語:英語 字幕:日本語 
構成:全12エピソード、計120分
企画・原作:秋元康
監督:豊島圭介
脚本:及川章太郎
制作:日活/ジャンゴフィルム
製作:Sony Ericsson Mobile Communications AB

【ストーリー】              
11人の人々と1匹の犬がとあるダイニングテーブルを囲んでいる。彼らは初対面であり、なぜこの部屋に連れて来られたかも知らない。しかも足は床に埋められ、足枷がはめられている。ただただ、食事をすることを強いられる11人と一匹の犬。食事を進めるうちに、深まる謎とともに、一人、また一人と姿を消していく。なぜ彼らがここにいて、誰が仕組んだものなのか・・・動くことができない中、彼らが唯一できることは・・・“思い出す”(remind)こと。
一体、ここはどこなのか?11人の関係性は?なぜ彼らは集められたのか?どうすれば、逃げ出せるのか?
そして・・・このパーティーの真のホストはだれなのか?
謎を解く鍵は、彼らの記憶の中にある・・・


【秋元康氏コメント】
 ソニー・エリクソンの友人と“携帯電話の未来について”語っていた。スペックの進化とともに問われるのは、オリジナル・コンテンツであろうと・・・。その雑談の中で、ある舞台の構想を話した。「長いテーブルに11人の男女と一匹の犬。彼らはお互いを知らない。大学教授風の男が、おもむろに口を開く。『何を見ても何かを思い出す』。ヘミングウェイの短編小説のタイトルだ。意味ありげなセリフをきっかけに、11人の男女の足下に照明が当たる。彼らの足は、コンクリートで固められていた。何の目的で?」。友人が興奮して、僕に言った。「それ、映像にできませんかね?」。僕たちは、携帯のオリジナル・コンテンツの扉を開いた。  


ソニー・エリクソンは、携帯電話によるエンターテインメントをよりお楽しみいただけるさまざまな製品、サービス、コンテンツを今後も提供してまいります。

  1. 「Android」、「YouTube」、「Androidマーケット」は、Google Inc.の商標、または登録商標です。
  2. 「life.episode」、「Xperia」、は、Sony Ericsson Mobile Communications ABの商標、または登録商標です。
  3. 「make.believe」は、ソニー株式会社の商標です。