会社情報

ニュースリリース/重要なお知らせ

お知らせ

ニュース&トピックス
2013/10/10

新しいカメラ体験を提案するXperia™史上最高のカメラ、
映像を美しく再現するディスプレイなど
最新技術を搭載したスマートフォン『Xperia Z1 SO-01F』がNTTドコモから発売

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は『Xperia Z1』を開発、株式会社NTTドコモより、Xperia Z1 SO-01Fとして、 2013年10月24日の発売を予定しています。

Xperia Z1は、ソニーの総合力を結集し、デジタルカメラやディスプレイなどの最先端技術を搭載したXperiaのフラッグシップモデルです。カメラには、コンパクトデジタルカメラと同等サイズの1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサーExmor RS®(エクスモア アールエス) for mobile、高精細撮影を可能にする画像処理エンジンBIONZ®(ビオンズ)for mobile、明るく広角撮影が可能なGレンズ™など、ソニーがカメラ開発で培ってきた技術を搭載しました。暗所でもノイズを低減し明るく、動く被写体もブレを抑えて鮮明に撮影でき、遠くの被写体も解像感を保ったまま3倍まで拡大出来る全画素超解像ズームに対応するなど、圧倒的な描写力を実現しています。

また、Facebookにリアルタイムで撮影中の動画を公開できるSocial live (ソーシャルライブ)、シャッターを押した瞬間と前後1秒ずつを、合計61枚の高速連写で撮影するタイムシフト連写など、スマートフォンならではの新しいカメラの使い方を提案する、Xperia独自の4つの特徴的なアプリケーションを新たに搭載しています。

大型約5.0インチのフルHDディスプレイには、幅広い色再現領域を持ち、豊かで自然な色や、繊細な色の違いを鮮やかに描き出すトリルミナス®ディスプレイ for mobileを採用しました。また、ソニー独自の超解像技術、X-Reality® for mobile(エックスリアリティ フォーモバイル)も新たに搭載。画像を分析し、失われている画素を復元することで、動画をリアリティー豊かに再現します。

独自の高音質技術が結集したWALKMAN®アプリケーションが進化し、ソニーの音楽配信サービスMusic Unlimited(ミュージックアンリミテッド)のコンテンツをWALKMAN®アプリ内でシームレスに楽しむことが出来るようになりました。ソニーおすすめの音設定ClearAudio+でMusic Unlimitedのコンテンツをお楽しみいただけます。

Xperia Z1は、Android™4.2.2をベースに、最新の2.2GHzクアッドコアCPU、2GB RAMを搭載、快適な操作性を実現しました。IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を備え、データ送受信に便利な赤外線通信、おサイフケータイ®、フルセグ、ワンセグなどの日本の従来の携帯電話でおなじみの機能も搭載しました。

【防水性能】 IPX5は噴流に対する保護等級で、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルの噴流水によっても電話機としての機能を保持する防水性能です。IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。
【防塵性能】IP5X等級の防塵性能。IP5Xとは、粒径75μm以下の塵埃が入った装置に8時間入れて取り出した時に通信機器の機能を有し、かつ安全を維持することを意味します。

◆主な特長

ソニーがカメラ開発で培った技術を搭載し、圧倒的な描写力を実現
  • コンパクトデジタルカメラと同等サイズの1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサーExmor RS for mobile、高精細撮影を可能にする画像処理エンジンBIONZ for mobile、明るく広角撮影が可能なGレンズなど、ソニーがカメラ開発で培ってきた技術を搭載しました。暗所でもノイズを低減し明るく、動く被写体もブレを抑えて鮮明に撮影でき、遠くの被写体も解像感を保ったまま3倍まで拡大出来る全画素超解像ズームに対応するなど、圧倒的な描写力を実現しています。
  • カメラがシーンや撮影者の状況を認識し、自動で最適な設定に調整する「プレミアムおまかせオート」を搭載。薄暗いシーンでは高精度な画像処理によって最大6枚の連写画像を重ね合わせてノイズを低減。逆光シーンでも、露出を変えた2枚の連写画像を重ね合わせ、白とびや黒つぶれを抑えて自然な一枚に仕上げます。
  • 解像度やISO感度、露出を自分好みに設定が可能な「マニュアル」モードを搭載。自分好みの写真表現をお楽しみいただけます。
  • ソニーがハンディカム®の開発で培った電子式ブレ補正機能を搭載。歩きながらの撮影でも、ブレを抑えた動画を撮影いただけます。
  • 「長押し連写」では1秒間に最大10枚の速さ(「速度優先連写」設定時)で、静止画を枚数制限なく(*)カメラキーを押し続けている間連写することができます。ペットや子どもなど動きのある被写体の決定的な瞬間を逃しません。
    *本体、及び外部メモリの空き容量によります。
新しいカメラの使い方を提案する、Xperia独自の4つの特徴的なアプリケーション
  • Social live(ソーシャルライブ): 撮影中の動画をFacebook上にリアルタイムで共有することができます。友だちからの「いいね!」やコメントも撮影中のXperiaの画面上で確認することができ、遠く離れた場所にいる人とも同じ瞬間を共有して楽しめます。
  • タイムシフト連写: シャッターを押した瞬間と、その前後30枚ずつ、2秒間に合計61枚の写真を高速連写します。シャッターを切る1秒前から撮影するため、シャッターチャンスを逃しません。
  • Info-eye™(インフォアイ):撮影したランドマークやワイン、書籍や文字列などの情報から、関連情報を検索します(*)。例えばランドマークならその建物の歴史や周辺のおすすめ情報、アクセス方法など、ワインであれば生産地やワイナリーの場所、おすすめのフードメニューを検索して表示します。
    *撮影時の明るさや撮影アングルによっては、被写体を正しく認識出来ない場合があります。
  • ARエフェクト(エーアールエフェクト):ソニーが開発したSmartAR™エンジンが、3D空間を自動認識。選べるテーマや被写体によって多彩なエフェクトがかかり、撮影を楽しめます。気に入ったエフェクトとともに撮影して、友だちと共有することもできます。
約5.0インチ大型高精細ディスプレイが映像を鮮やかにリアリティー豊かに再現
  • 約5.0インチ大型ディスプレイには、明るく鮮やかなトリルミナスディスプレイ for mobileを採用しました。ソニーが液晶テレビ ブラビア™で培ってきた技術と画づくりのノウハウにより、豊かで自然な色や、繊細な色の違いを鮮やかに描き出します。
  • また、ソニー独自の超解像技術、X-Reality for mobileを搭載。画像を分析し、失われている画素を復元することで、低解像度の動画コンテンツでもリアリティー豊かに再現します。
上質感と機能性を追求したこだわりのデザイン
  • オムニバランス™(全方位型)デザインを採用し、どの角度から見てもシンプルで美しく、シーン、使い方、持ち方を問わず、最適なバランスでお使いいただけます。
  • フレームにはアルミ板から削り出した継ぎ目のないメタルフレームを採用しました。アンテナ性能への影響から、従来採用の難しかったメタルフレームそのものにアンテナ性能を持たせることで、デザイン性と機能性を両立しました。さらに、ダブルアルマイト処理(加飾技術)により、フレームのラウンド部とフラット部のカラ―を変えることで、薄く軽やかな印象に仕上げました。
  • IPX5/8、IP5X相当の高い防水・防塵性能も備え、シーンを問わずお使いいただけます。また、キャップがなくても防水性を発揮するイヤホンジャックを新たに搭載しました。
  • カラーはBlack(ブラック)、White(ホワイト)、Purple(パープル)の3色のラインアップです。
    <各カラ―について>
    • Black(ブラック):無限の宇宙でうっすらと光を受けてかすかに輝く惑星をイメージした漆黒のブラックです。
    • White(ホワイト):光を柔らかく反射する雪や氷の輝きをイメージしたピュアなホワイトです。
    • Purple(パープル):一日のうちで光が最も綺麗に輝く瞬間とされる夕暮れ時をイメージし、青味を帯びた華やかなパープルです。
  • 小型でシンプルなデザインの同梱の卓上ホルダは、接地面にマグネットを採用し、コンパクトながら安定性を保ってXperia Z1を置くことが出来ます。また、付属のアタッチメントを利用することで、背面カバーを装着していても、卓上ホルダーを使用することが可能です(*)。
    *アタッチメントに対応しているケースには、認定マークが付いています。対応ケースはXperia™ Storeで確認いただけます。
進化したソニーのネットワークサービスやアプリとの連携
  • WALKMAN®アプリケーション:ソニーの高音質技術が結集したWALKMAN®アプリが進化し、ソニーの音楽配信サービスMusic UnlimitedのコンテンツをWALKMAN®アプリ内でシームレスに楽しむことが出来るようになりました。ソニーおすすめの音設定ClearAudio+でMusic Unlimitedのコンテンツをお楽しみいただけるようになりました。
  • アルバムアプリケーション:写真や動画の月別表示や地図上での撮影場所の表示ができるアルバムアプリが進化。Xperia本体に保存されているコンテンツや、ソニーのクラウドベースの写真・動画共有サービスPlayMemories Online™(プレイメモリーズオンライン)上のコンテンツも、シームレスにアプリケーション内で閲覧できるようになりました。また、PlayMemories Onlineのオールシンク機能(*1)により、Xperiaやパソコンなどに別々に保存していた写真も枚数に制限なく(*2)すべて、Xperiaからいつでも閲覧できるようになります。
    *1 Xperia Z1の発売後、アルバムアプリのアップデートにより対応します。
    *2 一辺が1920ピクセルを超える写真は、長い辺が1920ピクセルにリサイズされサービス上に保存されます。
  • ムービーアプリケーション:ソニーのプレミアム映像配信サービスVideo Unlimited(ビデオアンリミテッド)のコンテンツもムービーアプリケーション内でシームレスに表示、お楽しみいただけます。
  • TV SideView:Xperiaをリモコンとしてテレビを操作したり、テレビを見ながらスマートフォン上の番組表で番組を探して、そのままテレビのチャンネルを切り替えをすることが可能です。さらに、友達の「ナイス!」した番組を見つけたり、注目度の高い番組をみつけたりすることが可能です。
  • TrackID™ TV:自動的にテレビの音声を聞き取り、視聴中の番組を特定します。また、番組コンテンツやキャストの情報、関連するツイートを表示して、メールやソーシャルネットワークで共有することができます。
楽しみを拡げる豊富なコンパニオン製品、NFC機器連携など充実のユーザビリティ
  • Xperiaとワイヤレス接続して新しい撮影スタイルを提案する、レンズスタイルカメラ『DSC-QX100』、『DSC-QX10』、顔検出機能等を利用し自動撮影するスマートイメージングスタンド『IPT-DS10M』、ミニ三脚『SPK-MK20M』など、Xperiaの楽しさをさらに拡げる製品も豊富にラインナップしています。
  • NFCを活用した機器連携に対応。Xperia Z1を、ソニー製の対応機器にかざすことで、複雑な設定をすることなく写真や音楽をワイヤレスで転送・ストリーミングできるワンタッチ機能に対応しています。
  • ソニーモバイルコミュニケーションズ独自の文字入力アシスト機能が、「POBox Touch 6.2」に進化しました。QWERTYキーボードに数字キーが表示されるようになり、日時や住所など数字交じりの語句の入力も快適に行えます。
  • 3000mAhの大容量バッテリー、記憶容量約32GBのROMを搭載。安心してお使いいただけます。
  • スマートフォンを初めて使う方に見やすく使いやすい、「シンプルホーム」を搭載しました。ホーム画面がタイル形式になり、文字も大きく表示されるので、見やすく簡単に操作できます。

◆主な仕様

(※ 仕様は、発表日現在の情報です。製品仕様およびサービス内容は、予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。)

製品名 Xperia Z1 SO-01F
外形寸法 高さ 約 144mm × 幅 約 74 mm × 厚さ 約 8.5mm
質量 約171 g
電池容量 3000mAh ※着脱不可
ディスプレイ
液晶 トリルミナスディスプレイ for mobile /
LCD(Full HD)
サイズ 約 5.0インチ
解像度(ピクセル数) フル HD 1920 × 1080ピクセル(縦×横)
OS Android 4.2.2
内蔵メモリ
RAM 2GB ROM 32GB
CPU MSM8974 2.2GHz クアッドコア
Bluetooth® Bluetooth 4.0
DLNA
通信速度
下り 150Mbps(LTE受信時)/14Mbps(3G受信時)
上り 50Mbps(LTE送信時)/5.7Mbps(3G送信時)
主なソフトウェア
ソニーモバイルコミュニケーションズ
オリジナルソフトウェア
Xperia Lounge Japan、WALKMAN®アプリケーションなど
PC連携ソフトウェア PC Companionなど
Google提供
プリインストールソフト
Googleマップナビ™、 Google PLAY™、 Googleマップ™、 Gmail™、 Google検索™、 Googleトーク™、 YouTube™ など
カメラ機能
メインカメラ 約2,070万画素 裏面照射型CMOSセンサー
Exmor RS for mobile
フロントカメラ 約220万画素裏面照射型CMOSセンサー
Exmor R for mobile
顔検出 タッチ撮影
手ブレ補正 オートフォーカス
セルフタイマー
動画 撮影サイズ
(ピクセル)
〈メインカメラ/フロントカメラ〉フルHD(1080p) HD(720p)
フォトライト
静止画 撮影サイズ
(ピクセル)
〈メインカメラ〉20MP 4:3/8MP 4:3, 16:9/3MP 4:3/2MP 16:9
〈フロントカメラ〉2MP(1.8MP(*))
*HDRがONのとき16:9/1.7MP 4:3
フラッシュ 笑顔検出撮影
ジオタグ シーン認識
日本語変換
エンジン
POBox Touch 6.2 タッチパネル 静電式
入力方式 QWERTY/12キー/50音/手書きかな・漢字入力 外部メモリ microSD/microSDHC/ microSDXC
(最大64GB)
Xi® WORLD WING®
クラス4(3G+3G850+GSM)
spモード® 緊急速報「エリアメール®」
ワンセグ/フルセグ ○/○ おサイフケータイ®
赤外線通信 防水/防塵性能
NFC Wi-Fi Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac(*))
*IEEE802.11 acドラフト版に対応しています。
GPS ドキュメントの閲覧( Word®/Excel®
/PowerPoint®)
テザリング microUSB
主な対応言語 日本語、中国語 簡体字、中国語 繁体字、チェコ語、オランダ語、英語(英国)、英語(米国)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ノルウェー語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語など
カラーバリエーション Black(ブラック)、White(ホワイト)、Purple(パープル)
  1. Xperia、オム二バランス、info-eye、TrackIDは、Sony Mobile Communications ABの商標または登録商標です。
  2. Exmor、Exmor RS、Gレンズ、BIONZ、トリルミナス、X-Reality、ブラビア、BRAVIA、PlayMemories、WALKMANはソニー株式会社の商標または登録商標です。
  3. FacebookはFacebook,Inc.の登録商標です。
  4. 「Android」、「Googleマップナビ」、「Google PLAY」、「Googleマップ」、「Gmail」、「Google検索」、「Googleトーク」、「YouTube」は、Google, Inc.の商標または登録商標です。
  5. SmartARは、ソニー株式会社が開発した拡張現実技術で、同社の日本国内及びその他の国における登録商標または商標です。「POBox」 および ロゴは、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所の登録商標です。「POBox」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所とソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社が共同開発した技術です。
  6. 「Bluetooth」 は、Bluetooth SIG Inc.の商標または登録商標であり、ソニーモバイルコミュニケーションズはライセンスに基づいて使用しています。
  7. 「Media Go」は、Sony Electronics Inc.の商標または登録商標です。。
  8. 「おサイフケータイ」、「Xi/クロッシィ」、「WORLD WING」、「spモード」「エリアメール」は、NTTドコモの商標または登録商標です。
  9. 「DLNA」は、Digital Living Network Allianceの商標または登録商標です。
  10. 「Word」、「Excel」、「PowerPoint」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  11. その他、記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。

「Xperia™ Z1 SO-01F」製品情報ページへ