会社情報

ニュースリリース/重要なお知らせ

お知らせ

ニュース&トピックス
2014/10/01

10:00:00 Xperia™ スマートフォン、新たにソフトバンクモバイルにて取り扱い開始
~Xperia史上最高感度 ISO12800対応で暗所での撮影も鮮明に
進化した手ブレ補正機能やハイレゾ音源対応など、
ソニーの最新技術搭載のスマートフォン『Xperia Z3』を11月下旬より発売~

Xperia™ スマートフォン、新たにソフトバンクモバイルにて取り扱い開始
~Xperia史上最高感度 ISO12800対応で暗所での撮影も鮮明に
進化した手ブレ補正機能やハイレゾ音源(*1)対応など、
ソニーの最新技術搭載のスマートフォン『Xperia Z3』を11月下旬より発売~

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーモバイル)は、ソフトバンクモバイル株式会社(以下、ソフトバンクモバイル)と、Xperiaスマートフォンの今秋以降の販売開始に関し、合意に至りました。最新モデル『Xperia Z3(エクスぺリア ゼットスリー)』は、ソフトバンクモバイルより、商品名Xperia Z3として、2014年11月下旬より発売される予定です。

ソニーモバイルコミュニケーションズ 社長 兼 CEO 鈴木国正のコメント:
「重要なモバイル市場である日本で、強固なネットワークプラットフォームを展開するソフトバンクモバイル社との新たなパートナーシップを通じて、より多くのお客さまにソニーの最新技術・アプリケーションを結集した最新のXperia とスマートプロダクト商品をお届けできることを楽しみにしております。」

◆新商品概要

ソニーの新しいフラッグシップスマートフォンXperia Z3は、カメラ・カムコーダーやオーディオなどソニーの最新技術を結集しました。また、スマートフォンでは世界で初めて「プレイステーション 4」(PS4™)と連携する「PS4 リモートプレイ」を通じ、PS4™の臨場感あふれるゲーム体験をスマートフォン上でお楽しみいただけます。

本機は、約5.2インチの大画面ディスプレイを搭載し、丸みをもたせたアルミフレームと強化ガラスを組み合わせ、薄型・軽量(厚さ約7.4 ㎜・重さ約154g)で上質かつ精巧なデザインと機能性を両立しています。
1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサーExmor RS®(エクスモア アールエス) for mobile、画像処理エンジンBIONZ®(ビオンズ) for mobile、広角撮影が可能な焦点距離25mmの新しいGレンズ™などのソニーのカメラ技術を搭載し、圧倒的な描写力を実現しています。さらに、Xperia史上初のISO12800の高感度撮影対応や、電子式手ブレ補正機能の一層の進化により、これまで以上に薄暗い場所でもノイズを抑えた静止画や手ブレを抑えた鮮明な動画の撮影が楽しめます。
オーディオ機能では、対応ヘッドホンと直接つなぎハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源を簡単に楽しめるようになったことに加え、MP3やAACなどの圧縮音源を、ハイレゾ音源相当の音質(*2)で再現するソニー独自のDSEE HX™技術により、高品位な音楽を身近に体感いただけます。さらに最大約98.0%(*3)のノイズを低減するデジタルノイズキャンセリング機能(*4)にも対応しています。

Android™4.4対応のXperia Z3は、最新の2.5GHzクアッドコアCPUなどを搭載し、快適な操作性を実現しました。また、IPX5/8相当の防水性能(*5)とIP6X相当の防塵性能(*5)に加え、おサイフケータイ®、フルセグ、ワンセグなど国内市場向けに充実させた機能も搭載しています。

(*1) ハイレゾリューション・オーディオ音源とは、一般にCD(44.1kHz/16bit)、およびDAT(48kHz/16bit)を超える情報量(サンプリング周波数、もしくは、ビット数のいずれかにおいて)を持つPCMやDSDフォーマットの音源を指します。
(*2) 最大96kHz/24bit相当まで拡張。
(*3) 当社の測定法によります。周囲からの騒音がまったく聞こえなくなるわけではありません。
(*4) デジタルノイズキャンセリング機能のご利用には、デジタルノイズキャンセリングヘッドセット(別売)、もしくはデジタルノイズキャンセリングヘッドホン(別売)が必要です。
(*5) IPX5/8およびIP6Xは、防水および防塵性能の保護等級です。

◆主な特長

ソニーがカメラ開発で培った最新技術を搭載し、圧倒的な描写力を実現
  • 新たに採用した広角撮影が可能な焦点距離25mmのGレンズに加え、コンパクトデジタルカメラと同等サイズの1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサー Exmor RS for mobile、高精細撮影を実現する画像処理エンジンBIONZ for mobileなど、ソニーが培ってきたカメラ・カムコーダーの最新技術を搭載しています。また、暗い場所や逆光時でもカメラがシーンを認識し、最適な設定に自動で調整するプレミアムおまかせオートで、シャッターを押すだけでいつでもキレイな写真や動画が撮影できます。
  • Xperia史上最高感度の最大ISO12800に対応し、コンパクトデジタルカメラと同等の高感度撮影を実現します。例えば、誕生日会での消灯時などの暗いシーンから、夕暮れや夜景などの薄暗いシーンまで、これまで以上にノイズを抑えたクリアな写真の撮影が可能です。
  • 電子式手ブレ補正機能をさらに進化させたインテリジェントアクティブモードの搭載により、走りながらの撮影でも、手ブレを抑えた鮮明な動画の撮影を実現します。
撮影中や撮影後の写真の楽しみを広げる特徴的な新しいカメラアプリケーション
  • ARファン:画面に写る被写体をキャンバスにして、あらかじめ用意された3Dオブジェクトとペン・ツールブラシを使い、動きのある動画や楽しい静止画を作ることができます。指でなぞって画面に書く、またはフリックといった直感的な操作で効果が付けられます。
  • マルチカメラ:最大3台のXperiaまたはソニーのWi-Fi/NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)対応カメラをワイヤレス接続(*6)し、多画面放送のような感覚で撮影を楽しめます。例えば、結婚式のワンシーンとして、別々のカメラで撮影した新郎新婦と両家両親をひとつの動画や静止画に収めることができるなど、撮影の楽しみが広がります。(*7)
  • サウンドフォト:シャッターを押す前の最大約8秒、押した後の最大約2秒、合計約10秒の周囲の音を写真とともに録音します。音が付くことで、その時の思い出をより鮮明に思い起こすことが可能です。
  • フェイスインピクチャー:メインカメラとフロントカメラを活用して、被写体と撮影者を同時に記録できるカメラアプリです。フロントカメラが顔認識をするため、枠から外れません。(*7)

    撮影した画像や動画は、手軽に編集可能なMovie Creator(ムービークリエーター)を使用することで、週・月・年単位や旅行などのイベントに従って、約30秒のハイライトムービーが自動で作成されます。ムービーの作成後でも、BGMやタイトルの変更、不要なシーンの編集なども簡単に行えます。

    この他、シャッターを押した前後の1秒間に61枚の高速連写ができるタイムシフト連写や、一眼カメラのようなぼかし効果を手軽に得られる背景ぼかしなどのカメラアプリケーションも楽しめます。加えて、お好みに合わせてカメラアプリを追加することができる、+(プラス)アプリ機能により、写真の一部を切り取って簡単にオリジナルスタンプを作成できるステッカークリエイターなども、ご利用いただけます。

    (*6) 対応機種はXperia Z3。2014年10月1日時点。Xperiaのみの接続は最大3台まで、ソニー製カメラを含む接続の場合は最大2台までの接続が可能です。
    (*7) 利用中に本体の温度が上昇するとカメラ機能を終了します。録画中の場合は、録画した動画は保存されます。

ハイレゾ音源対応に加え、圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングするDSEE HXも搭載
  • 対応のスピーカーやヘッドホンなどをXperiaのイヤホンジャックにつなぐだけで、CDを上回る豊かな情報量を持つハイレゾ音源(*1)の出力が可能となり、臨場感ある音楽を手軽に楽しめます。
  • CDやMP3などの圧縮音源の解像度を、ハイレゾ相当(*2)にアップスケーリングするソニー独自技術のDSEE HXを新たに搭載しました。高品位な音楽を身近に体感いただけます。
  • 周囲の騒音を感知し、騒音を最大約98.0%(*3)低減するデジタルノイズキャンセリング機能に対応しています。対応ヘッドセットやヘッドホンを接続することで、音楽や映像の再生時などに周囲の騒音を低減できます。電車やバスで音楽を聴きたい時、オフィスで仕事に集中したい時、飛行機でXperia内の音楽やビデオを楽しみたい時など、使う場所や目的に合わせて設定を変更することで、より効果的に騒音を低減できます。
  • 本体の上下にスピーカーを配置し、迫力のあるステレオサウンド再生を実現しています。加えて、仮想的に立体的な音を再生するバーチャルサラウンド技術S-Forceフロントサラウンド™を搭載し、本機をデスクやテーブル上に置いて、お気に入りの音楽をダイナミックなサウンドで体感できます。
  • 音質へのこだわりを結集したオーディオプレーヤーWalkman®アプリケーションを搭載しています。オーディオメーカーとして長年培った独自のさまざまなデジタル信号処理技術をバランス良く組み合わせることで、ソニーならではの上質な音を楽しめるClearAudio+™(クリアオーディオプラス)により、イコライザーの調整や多彩なエフェクトなどを最適化させたソニーおすすめの音質で楽しめます。さらに、ソニーの定額制音楽配信サービスMusic Unlimited(ミュージックアンリミテッド)と連携して2,500万以上(*8)の楽曲からの選曲が可能です。

    (*8) 2014年9月現在、日本国内向けサービスで提供する楽曲数。

外光下でもさらに見やすく、映像を色鮮やかに再現する高精細ディスプレイ
  • 一定の明るさを感知すると、コンテンツにあわせてディスプレイの明るさやコンテンツの階調を自動で調整します。外光が射す明るい場所でも、ディスプレイに手をかざすことなく、快適にコンテンツを閲覧可能です。
  • 明るく鮮やかなトリルミナス®ディスプレイ for mobileを採用しました。ソニーが液晶テレビ ブラビア™で培ってきた技術と画づくりのノウハウにより、豊かで自然な色や、繊細な色の違いを鮮やかに描き出します。また、赤や緑の色域を広げるLive Color LEDの採用で、中間色まで色彩豊かに描き出します。
  • ソニー独自の超解像技術、X-Reality™ for mobileの搭載により、データの圧縮などで生じる画素の劣化を補正し、本来の質感やディテールをリアリティ豊かに再現します。
水濡れを気にせず使用できる防水・防塵性能ほか充実のユーザビリティ
  • IPX5/8相当の高い防水性能(*5)、IP6X相当の防塵性能対応(*5)により、例えば入浴中やキッチンなど水まわりでも安心して利用可能です。
    防水性能 IPX5は、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5リットル/分の水を最低約3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、携帯電話としての機能を有することを意味します。IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに通信端末を沈め、約30分間放置後に取り出した時に通信機器としての機能を有することを意味します。
    防塵性能 IP6Xとは、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に本製品を入れて8時間塵埃をかくはんさせた後、本製品の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。
  • ソニーモバイル独自の文字入力アシスト機能 POBox Plusを引き続き搭載しています。入力を間違えても正しい予測候補が表示され、また候補選択を間違っても取り消しボタンひとつで簡単に再変換できるので便利です。
  • 指定したアプリケーションの待機中の動作を制限し、駆動時間を約2倍以上(*9)に増加させるSTAMINA®モードや、災害時等の緊急時に、消費電力を抑えて待ち受け状態を長持ちさせる緊急省電力モードなど、状況に応じてバッテリーを長持ちさせることが可能です。

    (*9) 当社比。STAMINAモード未設定時との比較です。お客さまのご利用環境や通信環境により、使用可能時間は異なります。

  • 寝ながら本機を使用する際などに、意図せず画面が回転してしまうことを防ぐスマート画面回転を新たに搭載したほか、初めてスマートフォンを使う方にも分かりやすいシンプルホーム、画面をタッチせずにすばやく着信を受けられるスマート着信操作、寒い冬に手袋をつけたままでもXperiaを快適に操作できる手ぶくろモードなど、ご利用者や使用シーンに合わせてさらに利便性を向上しました。
新しいエンタテインメント体験や、スマートプロダクトなどと連携した新しい使い方を提案
  • スマートフォンとして世界で初めて「PS4 リモートプレイ」機能に対応し、スマートフォン上でプレイステーション®の臨場感あふれるゲーム体験を楽しめます(*10)。本機とワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)をつなぐことで、PS4™ならではの操作感覚でゲームが楽しめます。

    (*10) 「PS4 リモートプレイ」は、2014年11月リリース予定です。PS4™リモートプレイ機能をご利用いただくためには、PS4™本体、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)、Sony Entertainment Network(ソニーエンタテインメントネットワーク)のアカウントが必要です。家庭内のWi-Fi環境での使用を推奨しております。外出先Wi-Fi環境での使用は推奨しておりません。一部ゲームタイトルは対応しておりません。「PS4 リモートプレイ」の利用には、PS4™のシステムソフトウェア最新バージョンが必要です。また、Xperiaに「PS4 リモートプレイ」 アプリケーションのダウンロードが必要です

  • ライフログ(日常の記録)を活用したスマートプロダクト体験を実現するLifelogアプリケーションと関連アクセサリーとの組み合わせにより、スマートフォンの楽しみがさらに広がります。

    Google™のAndroid Wear™最新バージョン(*11)を搭載した『SmartWatch 3 SWR50/WH』は、ユーザーの行動に基づいた有益な情報のタイムリーな提供や、手を煩わせずに手元で操作できる、直感的なコミュニケーションを可能にするだけでなく、GPSと4GB(*12)ローカルメモリー等の内蔵により、スマートフォンと離れた場所にいても、本体を通じて、音楽再生やジョギング等のアクティビティの時間・場所の計測等を気軽に確認することが可能です。

    (*11) 正式名称および展開時期等の詳細は、Googleよりご案内予定。
    (*12) 実際に使用可能な領域は一部制限されます。


    商品名:SmartWatch 3 SWR50/WH
    カラー:ホワイト(SoftBank SELECTION限定)
    発売時期:2014年11月下旬予定
    取扱い:ソフトバンクショップ、SoftBank SELECTIONオンラインショップ


    また、ディスプレイの常時表示が可能な曲面型電子ペーパーを搭載した『SmartBand Talk SWR30』にも対応します。ハンズフリー通話とボイスコントロールに対応しました。これにより、ライフログの進捗を手元で確認できるほか、声による情報取得や操作が可能です。
上質感と機能性を追求したこだわりのデザインとカラーバリエーション
  • Xperia Zから継承するコンセプト オムニバランス™(全方位型)デザインを採用し、どの角度から見てもシンプルで美しく、シーンや使い方、持ち方を問わず最適なバランスを追求しています。
  • Xperia Z3は、コーナーは「球」形状、サイドフレームは丸みを帯びており、よりスリムで心地よく手になじむ造形を実現しています。ホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーンの4色で展開します。
    ホワイト クラシックかつモダンな色合いをもつ、洗練のホワイト。
    ブラック クラシックでありながら、前衛的な風合いのブラック。
    カッパー 伝統的でありながら最先端の色合いを演出するあたたかみのあるカッパー。
    シルバーグリーン シルバーをエレガントに進化させ、最先端のトレンドを落ち着きのある色合いで演出するシルバーグリーン。

<タッチ&トライイベントのご案内>

10月4日(土)より、全国8か所にてXperia Z3のタッチ&トライイベントを開催します。
詳細は右記URLをご参照ください。http://www.sonymobile.co.jp/event/z3/

◆主な仕様

※ 仕様は発表日現在の情報です。製品仕様およびサービス内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

製品名 Xperia Z3
外形寸法(高さ × 幅 × 厚さ) 約147mm × 約73㎜ × 約7.4㎜
質量 約154g
電池容量 3100mAh
ディスプレイ 液晶 トリルミナスディスプレイ for mobile
サイズ 約 5.2インチ
解像度(ピクセル数) 1920 × 1080
OS Android™ 4.4
内蔵メモリー(ROM/RAM) 32GB/3GB
プロセッサー 2.5 GHz クアッドコア
外部接続 Bluetooth Bluetooth® 4.0
外部デバイス microUSB/MHL/ヘッドセット接続端子
DLNA
主なソフトウェア ソニーモバイルオリジナルソフトウェア PlayStation®App、Walkman®アプリケーションなど
Google提供プリインストールソフト Google PLAY™、 Googleマップ™、 Gmail™、 Google検索™、 YouTube™など
カメラ機能 メインカメラ 約2070万画素 裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile
フロントカメラ 約220万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor R for mobile
顔検出 タッチ撮影
手ブレ補正 ○電子式(動画/静止画) オートフォーカス ○(動画/静止画)
セルフタイマー  
動画 撮影サイズ
(ピクセル)
〈メインカメラ〉4K(2160 p)、フルHD(1080p)/HD(720p)/VGA(480p)
〈フロントカメラ〉 フルHD(1080p)/HD(720p)/VGA(480p)
フォトライト *フロントカメラのみ
静止画 撮影サイズ
(ピクセル)
〈メインカメラ〉20.7MP(4:3)/15.5MP(16:9)/8MP(4:3)/8MP(16:9)/3MP(4:3)/2MP(16:9)
〈フロントカメラ〉 2MP(16:9)/1.9MP(4:3)
フラッシュ *フロントカメラのみ スマイルシャッター
ジオタグ シーン認識
ワンセグ/フルセグ ○/○
日本語変換エンジン POBox Plus タッチパネル 静電式/マルチタッチ
入力方式 テンキー/PCキーボード/手書き入力/音声入力 外部メモリー microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/128GB)
赤外線通信 - 防水/防塵性能 ○ IPX5/8、IP6X
NFC おサイフケータイ
GPS ○ 海外利用可 ドキュメント閲覧・作成・編集
Word®/Excel®/PowerPoint®
テザリング ○ 海外利用可 Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
主な対応言語 日本語、中国語 簡体字、中国語 繁体字、チェコ語、オランダ語、英語(英国)、英語(米国)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ノルウェー語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語など
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーン
  1. 「Xperia」「オムニバランス」は、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の商標または登録商標です。
  2. 「BIONZ」、「Gレンズ」、「DSEE HX」、「トリルミナス」、「X-Reality」、「STAMINA」、「ブラビア」、「ウォークマン」、「Walkman」、「Exmor R」、「Exmor RS」、「S-Force(エスフォース)フロントサラウンド」、「ClearAudio+」は、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
  3. 「POBox」 および「POBox」ロゴは、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所の登録商標です。 「POBox」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所とソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社が共同開発した技術です。
  4. 「Android」、「YouTube」、「Google PLAY」、「Googleマップ」、「Gmail」、「Google検索」、「Googleトーク」、「Google音声検索」は、Google, Inc.の商標または登録商標です。
  5. 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
  6. 「Bluetooth」 は、Bluetooth SIG Inc.の商標または登録商標であり、ソニーモバイルコミュニケーションズはライセンスに基づいて使用しています。
  7. 「PlayStation」、「プレイステーション」、「PS4」、「DUALSHOCK」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です。
  8. 「DLNA」は、Digital Living Network Allianceの商標または登録商標です。
  9. 「Word」、「Excel」、「PowerPoint」は、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

「Xperia™ Z3」製品情報ページへ