会社情報

ニュースリリース/重要なお知らせ

お知らせ

ニュース&トピックス
2015/05/19

10:00:00

進化したフラッグシップスマートフォン『Xperia™ Z4』を
ソフトバンクモバイルより発売

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーモバイル)は、フラッグシップスマートフォン『Xperia Z4(エクスペリア ゼットフォー)』を開発しました。本機種は、ソフトバンクモバイル株式会社より、商品名 Xperia Z4として、2015年6月中旬以降発売される予定です。

Xperia Z4(左から:ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーン)

Xperia Z4は、カメラ、オーディオなどのソニーの最先端技術を結集したフラッグシップスマートフォンです。約5.2インチのディスプレイを搭載し、機能を進化させながらも前モデルのXperia Z3よりもさらに薄型・軽量化(厚さ:約6.9mm、重さ:約144g)を実現。磨き上げられたアルミフレームとガラス素材の組み合わせにより、洗練されたデザインと強度を両立しています。新たに、仲間との撮影やシェアを楽しめる広角25mmフロントカメラを搭載し、カメラアプリケーションを追加するなど、カメラ機能を大幅に強化すると共に、既存の技術(*1)に比べて最大約3倍の情報量で、高音質なワイヤレス音楽再生を実現する音声圧縮技術LDAC™(エルダック)に対応しました。

  1. 既存の技術とは、Bluetooth A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)を指します。

◆『Xperia Z4』の主な特長

上質感と機能性を追求したこだわりのデザインと強度の両立 細部へのこだわり

約5.2インチのディスプレイを搭載し、カメラやオーディオなどの機能を進化させながらも前モデルのXperia Z3よりもさらに薄型・軽量化(厚さ:約6.9mm、重さ:約144g)を実現。磨き上げられたアルミフレームとガラス素材の組み合わせにより、洗練されたデザインと強度を両立しています。また、コーナーに新採用した樹脂の二層加工により、使い込んでも輝きと色味を失わない設計を実現しています。

ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーンの4色で展開します。

メインカメラに加え、フロントカメラにも最先端技術を搭載 仲間と楽しめるカメラへ

【フロントカメラ】焦点距離25mmの広角レンズ、約510万画素のイメージセンサーExmor R®(エクスモア アール) for mobileを搭載。背景とあわせた自分撮り(セルフィー)やビデオ電話に加えて、友人や家族など複数人とのグループ写真も手軽に撮影できます。

【メインカメラ/フロントカメラ】電子式手ブレ補正機能をさらに進化させた「インテリジェントアクティブモード」をフロントカメラにも搭載。走りながらの撮影でも、手ブレを抑えた鮮明な動画の撮影を実現します。

「美肌」などの好みのスタイルを選択し、被写体を特徴的に際立たせる「スタイルポートレート」や、撮影した自分の顔を友達や動物などの顔と合成ができる「ARマスク」など、新たなカメラアプリケーションを追加しました。

【メインカメラ】明るく撮影できるGレンズ™、コンパクトデジタルカメラと同等サイズの1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサー Exmor RS® for mobile、高精細撮影を実現する画像処理エンジンBIONZ®(ビオンズ) for mobileによりISO12800の高感度撮影を実現します。例えば、誕生日会での消灯時などの暗いシーンから、夕暮れや夜景など屋外の薄暗いシーンでも、ノイズを抑えたクリアな写真の撮影が可能です。

暗い場所や逆光時でもカメラがシーンを認識し、最適な設定に自動で調整する「プレミアムおまかせオート」に「料理モード」を追加。自分で作った料理も、美味しさの記憶とあわせて美しく思い出に残せます。

LDAC™(エルダック)に対応。ハイレゾ音源*2対応と併せて高品質な音楽体験をより身近に

既存の技術(*1)に比べて最大約3倍の情報量で、高音質なワイヤレス音楽再生を実現する音声圧縮技術LDACに新たに対応し、高品位な音楽体験を実現します。

対応のスピーカーやヘッドホンなどをXperiaのイヤホンジャックにつなぐだけで、CDを上回る豊かな情報量を持つハイレゾ音源(*2)の出力が可能。また、CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当(*3)の音質にアップスケーリングするソニー独自技術のDSEE HX™搭載により、すでにお持ちの楽曲もより臨場感あふれる高音質で楽しめます。

お手持ちのヘッドホンで一定時間音楽を聞くことで、本体がヘッドホンの周波数特性を測定し、周波数特性に応じた最適な出力を行う機能を新たに搭載。この機能により、お手持ちのヘッドホンを使いながら、より高音質に音楽を楽しめます。

  1. ハイレゾリューション・オーディオ音源とは、一般にCD(44.1kHz/16bit)、およびDAT(48kHz/16bit)を超える情報量(サンプリング周波数、もしくは、ビット数のいずれかにおいて)を持つPCMやDSDフォーマットの音源を指します。
  2. 最大96kHz/24bit相当まで拡張。
高性能CPU搭載など充実の基本性能

Qualcomm社製64ビット オクタコアプロセッサー(Snapdragon 810)搭載により、カメラの起動やアプリの立ち上げ、文字入力の反応やブラウジングをストレスなく、快適にお楽しみいただけます。また、Android 5.0を通じ、より使いやすくスタイリッシュになったメールやカレンダーなどのユーザーインターフェースを快適にお使いいただけます。

お風呂(*4)やキッチンなど水まわりでも安心して利用できる、IPX5/IPX8相当の防水性能(*5)およびIP6X 相当の防塵性能(*6)に対応。イヤホンジャックに加えて、防水のUSB端子を採用することでキャップが不要になり、充電の際にキャップを開け閉めする煩雑さを省きます。

  1. お風呂での利用についての注釈は、本発表文の最後をご参照ください。
  2. IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5リットル/分の水を最低3分間注水する条件で、あらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出した時に通信機器としての機能を有することを意味します。
  3. IP6Xとは、直径75μm以下の塵埃が入った装置内に本製品を入れて8時間塵埃をかくはんさせた後、本製品の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。

「Xperia Z4」製品ページへ
http://www.sonymobile.co.jp/xperia/softbank/z4/

◆関連アクセサリー(別売)

卓上ホルダ『SOEAC1』

小型デザインに加えて、Xperia Z4のキャップレスUSB端子に対応した卓上ホルダです。Xperia Z4を卓上ホルダに差し込み、充電可能です。

カラー:ブラック
発売時期:2015年6月中旬以降発売予定

※画像はイメージです。

◆『Xperia Z4』の主な仕様

※ 仕様は発表日現在の情報です。製品仕様およびサービス内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

製品名 Xperia Z4
外形寸法 (高さ×幅×厚さ) 約146mm × 約72mm × 約6.9mm
質量 約 144g
ディスプレイ 液晶 トリルミナス®ディスプレイ for mobile
サイズ 約 5.2インチ
解像度 (ピクセル数) フルHD:1080 × 1920
プロセッサー 2.0GHz(クアッドコア)
+1.5GHz(クアッドコア) オクタコア
電池容量(内蔵電池) 2930mAh
OS Android™ 5.0
内蔵メモリー (ROM/RAM) 32GB/3GB
SDメモリーカード
スロット
microSD/ microSDHC/ microSDXC(2GB/32GB/128GB)
Bluetooth® Bluetooth® 4.1
DLNA
カメラ機能 メインカメラ 有効画素数 約2070万画素 裏面照射積層型 CMOS イメージセンサー Exmor RS  for mobile
フロントカメラ 有効画素数 約510万画素
裏面照射型
CMOS イメージセンサー Exmor R  for mobile
顔認識
手ブレ補正
セルフタイマー
タッチ撮影
オートフォーカス ※メインカメラのみ
動画 撮影サイズ
(ピクセル)
〈メインカメラ〉 4K(2160p)/ フルHD(1080p)/ HD(720p)/ VGA(480p)
〈フロントカメラ〉 フルHD(1080p)/ HD(720p)/ VGA(480p)
フォトライト ※メインカメラのみ
静止画 撮影サイズ
(ピクセル)
〈メインカメラ〉 20.7MP(4:3)/ 15.5MP(16:9)/ 8MP(4:3)/ 8MP(16:9)/ 3MP(4:3)/ 2MP(16:9)
〈フロントカメラ〉 5MP(4:3)/ 3.7MP (16:9)/ 2MP(4:3)/ 2M(16:9)
フラッシュ ※メインカメラのみ
ジオタグ
スマイル
シャッター
シーン認識
防水/防塵性能(*5)(*6) ○(IPX5/8)/○(IP6X)
日本語変換エンジン POBox Plus
赤外線通信
ワンセグ/フルセグ ○/○
おサイフケータイ
Wi-Fi(無線LAN) IEEE802.11a/b/g/n/ac、MIMO対応
テザリング同時接続数
(WiFi/ Bluetooth® /USB)
10台/5台/1台
GPS/オートGPS
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーン

【お風呂での利用について】 当社独自の試験基準に基づき(浴室などの)高湿度条件下でご利用いただけることを確認しておりますが、以下の点にご注意ください。※せっけん、シャンプーや入浴剤の入った水など水道水以外のものをかけたり、水道水以外のものに浸けたりしないでください。 それらが付着してしまった場合、直ちに常温の水道水で洗い流してください。※湯船(温水)に浸けたり、落下させたりしないでください。誤って落下させてしまった場合は、直ちに取り出してください。※湿気の多い場所に長時間放置しないでください。 ご使用後は、浴室から取り出しておいてください。※サウナ、温泉では本機を利用しないでください。※寒い屋外から暖かい浴室などに急に本機を持ち込まず、一度室内に置いて本体が温まってから持ち込んでください。※浴室内では充電を行わないでください。 動作中にイヤホンを接続しないでください。

  1. 「Xperia」は、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の商標または登録商標です。
  2. 「Exmor R」、「Exmor RS」、「BIONZ」、「Gレンズ」、「DSEE HX」、「LDAC」、「トリルミナス」、「プレミアムおまかせオート」は、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
  3. 「POBox」 および「POBox」ロゴは、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所の登録商標です。 「POBox」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所とソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社が共同開発した技術です。
  4. 「Android」は、Google, Inc.の商標または登録商標です。
  5. 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
  6. 「Bluetooth」 は、Bluetooth SIG Inc.の商標または登録商標であり、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社はライセンスに基づいて使用しています。
  7. 「microSD」は、SD-3C,LLCの商標です。
  8. 「DLNA」は、Digital Living Network Allianceの商標または登録商標です。
  9. 「おサイフケータイ」は、NTTドコモの商標または登録商標です。
  10. その他、記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。