会社情報

ニュースリリース/重要なお知らせ

お知らせ

ニュース&トピックス
2019/02/25

16:45:00

MWC19 Barcelona出展について
- ソニーの技術を結集した『Xperia 1』などスマートフォン新製品4機種を発表 -

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、スペイン・バルセロナで2月25日より開催される世界最大規模の携帯通信関連・国際展示会「MWC19 Barcelona(旧称:Mobile World Congress)」において、最新の製品群を出展します。

現地時間2月25日(月)に行ったプレスカンファレンスでは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長の岸田光哉が登壇し、「我々は想像を超えたエクスペリエンスを提供していく」という新たなビジョンを紹介しました。
さらに、Xperia™は、ソニーの4K有機ELテレビBRAVIA®やレンズ交換式デジタル一眼カメラα™などで培った技術に留まらず、「プロフェッショナル機器の領域からも技術を取り入れ、ソニーだけが実現できるクリエイティブなエンタテインメント体験を届けていく」と述べ、フラッグシップのスマートフォン『Xperia 1(エクスペリア ワン)』をお披露目しました。

『Xperia 1』は新しいコンテンツ体験を実現するアスペクト比21:9(*1)画面を採用し、世界初(*2)の4K有機ELディスプレイと、世界初(*2)の瞳AFを搭載したトリプルレンズカメラを搭載。さらに、長年、放送局や映画製作の現場で広く採用されているソニーの業務用モニターや業務用カメラの技術を取り入れた機能を搭載し、クリエイターが意図した映像表現やクリエイティブな撮影体験を楽しめます。本製品は、本年初夏以降に日本を含む国・地域にて導入(*3)します。

そのほか、21:9画面の新しい体験をより幅広いユーザーに届ける『Xperia 10(エクスペリア テン)』『Xperia 10 Plus(エクスペリア テン プラス)』など、ミッドレンジの新製品3機種を一部の国・地域で本日より発売開始(*3)することを発表しました。

またブースでは、次世代移動通信方式5Gのミリ波帯(mmWAVE)に対応したデバイスの参考展示を行います。

  1. ディスプレイに表示されるアスペクト比率は、コンテンツのフォーマットによって異なります。
  2. スマートフォンとして。2019年2月25日広報発表時点。
  3. 発売時期、価格は、地域や販路、通信事業者等によって異なります。

【主な新製品】

フラッグシップスマートフォン

『Xperia 1(エクスペリア ワン)』

『Xperia 1』(左から ブラック、ホワイト、グレー、パープル)

    <ディスプレイ>

  • 世界初(*2)の4K有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)を搭載。21:9アスペクト比や10bitカラー相当の高い階調表現を実現した高画質ディスプレイ技術により、新たなコンテンツ体験を実現するCinemaWide™(シネマワイド)を採用し、幅72mmの手に馴染むサイズながら約6.5インチの大画面を実現します。さらに臨場感を実現する立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」に対応し、映画などの対応コンテンツにおいて、ワイドな映像とともに没入感ある視聴体験を楽しめます。
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)の対応に加え、BRAVIA®で培った高画質化技術「X1™ for mobile」によりSDR映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく表示することを可能にした「HDRリマスター」を新搭載し、様々な動画コンテンツにおいて高精細な映像美を楽しめます。また新たな色設定「クリエイターモード」を搭載し、映像制作の基準機として使われているマスターモニターの技術により、深い黒と自然な色調を表現します。UHD(Ultra HD)の放送規格 ITU-R BT.2020の色域/10bit信号に対応した独自開発の画像処理と4Kディスプレイで、映像制作者の意図を忠実に再現します。

    <カメラ>

  • 有効画素数約1200万画素のイメージセンサーを採用した三つのカメラを備え、焦点距離26mm(F1.6)/52mm(F2.4)/16mm(F2.4)(35mm換算)のレンズを自在に切り替えることができるトリプルレンズカメラを搭載。光学2倍ズームや背景ぼけ撮影、超広角撮影が可能です。
  • デュアルフォトダイオード搭載のイメージセンサーによる暗所でも高精度なフォーカスや、新開発の画像処理エンジン「BIONZ X™ for mobile」によって画像圧縮前にノイズ低減処理することにより、暗所撮影における画質が向上。
  • 瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にスマートフォンとして世界で初めて(*2)対応。また、AF追従に加え、AE(自動露出)にも追従する10コマ/秒の高速連写を実現し、動く被写体でもフォーカスや明るさが合った連写撮影が可能です。
  • 21:9アスペクト比、4K HDR 24fpsで映画のような質の高い撮影が体験できる新機能「Cinema Pro」を搭載。CineAlta(シネアルタ)カメラ『VENICE(ベニス)』などを手掛けるソニーの業務用機器を担当する部門が、ユーザーインターフェイスや画作りを監修しました。また本機能では、「Look(ルック)」の設定によりプリセットの色相を選択できます。

    <ユーザビリティ/デザイン>

  • ソニー独自のUIを実装することで21:9のアスペクト比ならではの使いやすい二画面同時表示が可能で、動画視聴を楽しみながらSNSの閲覧やメッセージのやり取りを行えるなどの21:9マルチウィンドウ表示が簡単に行えます。また、ゲームをプレイしながら攻略法などの閲覧、パフォーマンスや通知の最適化などが可能な新機能「ゲームエンハンサー」も搭載し、広いディスプレイでのゲームをより快適に楽しめます。
  • Qualcomm社製の最新プラットフォームQualcomm® Snapdragon™ 855 Mobile Platformを採用。また、独自のアンテナ設計技術により4x4 MIMOに対応し通信の安定性を実現します。
  • 最新のCorning® Gorilla® Glass 6を採用し、安心なIP65/IP68の防水防塵性能(*4)に対応。右側面に備えた指紋センサーや、充電時の負荷を軽減してバッテリーを長持ちさせるいたわり充電など、充実した性能を搭載。
  • 重量約180g、厚さ8.2mmの薄型軽量化(*5)を実現。フラットなデザインを採用した背面パネルには、ガラス本来の光沢感と艶やかさを強調するソリッドなカラーのガラスを採用し、ブラック、ホワイト、グレー、パープルの四色(*6)を展開します。
  1. IP65/IP68とは、防水および防塵性能の保護等級です。詳細は、英文プレスリリース(原文)をご参照ください。
  2. Xperia XZ3比。
  3. 取り扱いカラーは、地域や販路、通信事業者等によって異なります。

ミッドレンジスマートフォン

『Xperia 10(エクスペリア テン)』『Xperia 10 Plus(エクスペリア テン プラス)』

左から『Xperia 10』、『Xperia 10 Plus』(ネイビー)

  • アスペクト比21:9(*1)のFull HD+ディスプレイを搭載し、独自のUIにより快適な21:9マルチウィンドウ操作が可能な大画面スマートフォン。
  • 『Xperia 10』:幅68mmのスリムデザインに約6.0インチ画面と13MP/5MPのデュアルカメラ、Qualcomm社製のチップセットQualcomm® Snapdragon™ 630 Mobile Platformを搭載。
    『Xperia 10 Plus』:幅73mmの手に馴染むサイズながら約6.5インチの大画面を実現し、光学2倍ズームが可能な12MP/8MPデュアルカメラ、Qualcomm社製のチップセットQualcomm® Snapdragon™ 636 Mobile Platformを搭載。
  • Corning® Gorilla® Glass 5を採用し、オーディオジャック、右側面に備えた指紋センサーなどを搭載し、快適に使用できます。
『Xperia L3(エクスペリア エルスリー)』

『Xperia L3』(シルバー)

  • アスペクト比18:9(*1)の約5.7インチHD+ディスプレイと3300mAhの大容量バッテリー、13MP/2MPのデュアルカメラ、MediaTek社製のチップセットHelio P22(MT6762)を搭載した、エンタテインメントを存分に楽しめるベーシックスマートフォン。
  • Corning® Gorilla® Glass 5を採用し、オーディオジャック、右側面に備えた指紋センサーなどを搭載し、快適に使用できます。

その他

『オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット SBH82D』

『SBH82D』(ブルー)

  • オープンイヤースタイルのリスニング体験をワイヤレスで気軽に楽しめる、ビハインドネックデザインのBluetooth®ステレオヘッドセットです。耳装着部が小型軽量のため、長時間使用しても疲れにくく、快適な装用感を実現します。
  • 耳を塞がず、周囲の音を聞きながら、音楽を聞いたり会話を楽しめます。
  • ネックバンドに搭載したリモコンでは、通話や音楽再生の操作ができるほか、Google™やSiriを起動可能。
  • 初夏以降に一部の国・地域で発売予定。

詳しくは英文のプレスリリース(原文)をご覧ください。
https://blogs.sonymobile.com/category/press-releases/

  1. Xperiaは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の商標または登録商標です。
  2. Dolby、ドルビー、及びDolby Atmosはドルビーラボラトリーズの登録商標です。
  3. その他記載されている製品名等は各社の商標または登録商標です。