会社情報

サステナビリティ

Recycling

なぜリサイクルが必要?

多くの携帯電話は、耐用年数を過ぎてもリサイクルされていないのが現状です。携帯電話をリサイクルすることは、天然資源を保護し、環境に放出される有害物質を減らす上で重要な役割を果たします。

携帯電話の原材料のほとんどは、回収 して再利用することができます。金属の鉱石を採掘する代わりに、使用済み携帯電話から金属を取り出すこともできます。リサイクルすることでエネルギーや資源を節約し、採掘が環境に与える悪影響を減らすことができます。

私たちは「個別生産者責任」(IPR)の原則を支持しています。2008年にGlobal Environmental Warranty(グローバル・エンバイロメンタル・ワランティ)を設立し、Global Take-Back(グローバル・テイクバック)プログラムを開始しました。世界の主要な地域で、自社製の携帯電話の回収ポイントが設置されています。

日本では2009年に、携帯電話開発時に評価等を目的として使用する試作評価用端末から金を抽出し、半導体に加工して携帯電話の新製品に再利用する、資源循環プロセスを確立しました。
詳しくはプレスリリースへ