基本的な入力から手書き、音声入力も

キーボードの使い方と設定
(Gboard)

基本操作

お使いの機種やOSのバージョンによって、文字入力方法がPOBoxの場合があります。
POBoxの使い方はこちら

さっそくやってみよう!

文字入力する際のキーボードについて、各種ボタンや基本的な操作方法をご紹介します。

キーボードの使い方と設定(Gboard)
CHECK

キーボードの種類を選ぶ

キーボードは、2種類からお好みで設定することができます。

12キー
12キー
QWERTY
QWERTY

キーボードの変更・追加方法

初回利用時はキーボードの入力方法を12キーとQWERTY入力から設定できます。かな入力時と英字入力時でそれぞれ個別に入力方法(12キーかQWERTY入力)を設定することができます。

ひらがなと英字入力でそれぞれレイアウトを設定することができます。

入力方法の追加

キーボードの入力方法は以下の手順で追加することができます。

設定アイコンをタップします。
設定アイコンをタップします。
言語をタップします。
言語をタップします。
キーボードを追加をタップします。
キーボードを追加をタップします。
設定アイコンをタップします。
設定アイコンをタップします。
言語をタップします。
言語をタップします。

入力方法の変更

追加したキーボードの入力方法は、左下にある地球儀アイコンをタップか長押で切り替えることができます。

左下にある地球儀アイコンをタップか長押で切り替えることができます。
左下にある地球儀アイコンをタップか長押で切り替えることができます。
左下にある地球儀アイコンをタップか長押で切り替えることができます。
CHECK

文字種を選ぶ

キーボードの左下にある「あA1」と書かれた文字種キーをタップするごとに、「かな入力」→「英字入力」→「数字入力」の順で文字種を変更できます。

かな入力
かな入力
英数字入力
英数字入力
数字入力
数字入力
CHECK

キーボードのサイズを変更する

メニューボタンをタップして「片手モード」ボタンをタップすると、キーが片側に寄って片手での入力がしやすくなります。

キーボードのサイズを変更する
キーボードのサイズを変更する
CHECK

位置調整・片手モード解除

左右の矢印をタップして左寄せ、右寄せも切り替えられます。四方向の矢印アイコンをタップすると、片手モードを解除することができます。

キーボードのサイズを変更する
キーボードのサイズを変更する
キーボードのサイズを変更する
CHECK

記号や絵文字を入力する

記号キーをタップすると、顔文字や絵文字、スタンプなどを入力できます。
上段のタブで、顔文字の種類を選ぶことができます。
下段で、絵文字やスタンプに切り替えることができます。

記号や絵文字を入力する
記号や絵文字を入力する
CHECK

Google音声入力

マイクボタンをタップすると、音声で文字を入力できます。

Google音声入力
Google音声入力
CHECK

テーマを変更する

テーマアイコンをタップするとキーボードの配色や背景を変更することができます。
マイデータを選択すると、自分の好きな画像を設定できます。

テーマを変更する
テーマを変更する
テーマを変更する

※お使いの機種やOSのバージョンによってアプリや機能が非対応の場合があります。

※画面や操作方法は、お使いの機種やOSバージョンによって異なる場合があります。