Xperia×Game ”eスポーツ甲子園”として、参加1780チームの頂点を決める高校生eスポーツ大会「STAGE:0」レポート

国内最大級の高校生eスポーツ大会「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019」(以下、STAGE:0)」の決勝戦が、8月14~15日に開催された。この大会は、高校生日本一のチームを決めるイベント。今回は記念すべき第一回大会で、1475校から1780チームが参加した。大会に採用されたゲームは『フォートナイト(FORTNITE)』、『クラッシュ・ロワイヤル(CLASH ROYALE)』、『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』の3種目。それぞれ国内7ブロックの予選を勝ち抜いた60チームが、舞浜アンフィシアターに集結した。

会場は約2000人収容できる大きな施設だが、高校生トッププレイヤーたちの試合を見るために大勢の観客が訪れてほぼ満席状態となった。『クラッシュ・ロワイヤル』の大会では「Xperia」が公式端末として採用されブロック予選から全ての試合で使われた。赤と青のふたつのエリアに区切られた特設ステージには、「Xperia」が4台設置され、選手たちは「Xperia」を使って戦いに挑む。

ステージ外ではXperia ブースで「Xperia 1」を展示。21:9ワイドディスプレイで『フォートナイト』がプレイでき、多くの高校生達がその感触を確かめていた。

『クラッシュ・ロワイヤル』高校生チャンピオンを決める決勝戦は、大阪府代表の関西大倉高校と東京都代表の渋谷教育学園渋谷高校が決勝の舞台に進んだ。STAGE:0のクラッシュ・ロイヤル初代チャンピオンに輝いたのは、渋谷教育学園渋谷高等学校のチーム「Intuituon」だった。今回活躍した選手たちから、将来は日本を代表するeスポーツ選手が生まれるかもしれない。

「STAGE:0」公式動画 Xperia × Game トップへ

© 2019 Sony Interactive Entertainment Inc.