映画のような迫力に引き込まれる21:9シネマワイドTMディスプレイ

21:9ディスプレイが生む、
スマホ史上かつてない
シネマワイド体験。

ソニーのマスターモニターのノウハウを元に
開発されたクリエイターモードと
世界初*14K*2HDR対応有機ELディスプレイが
制作者の意図を忠実に表現。

*1 スマートフォンにおいて。2019年5月16日現在、各メーカーからの公式発表に基づく。ソニーモバイルコミュニケーションズ調べ。
*2 水平3840画素×垂直1644画素(SID規格に基づく)

21:9 CinemaWide 21:9 CinemaWide

クリエイターの要望に応える
ソニーの
「マスターモニター」

ソニーが高画質技術を惜しみなく注ぎ込む、高規格業務用モニターのマスターモニター。プロフェッショナルの期待に応えるために、長年の開発で培った色・コントラストの正確な再現性と信号処理の高い信頼性は、放送局や映像制作プロダクション、編集やCG/VFX(特殊視覚効果)の製作など、多様な現場で支持され続けています。

クリエイターの要望に応えるソニーの「マスターモニター」

高次元のディスプレイ
クオリティが手のひらに。

プロが使用する世界最高峰の
マスターモニターで培われたノウハウを元に
正確な色合いとなめらかなコントラストを
再現する「クリエイターモード」

画像処理技術の連携で繊細な色表現が可能に

画像処理技術の連携で繊細な色表現が可能に

マスターモニターに近い広色域を表現できるHDR対応4K有機ELディスプレイを搭載。さらに、ソニー独自開発のアルゴリズムにより、フルハイビジョン放送やブルーレイ等で用いられる規格より広い色域をカバーできるBT.2020に対応し、デジタルシネマ向けの色域規格DCI-P3も100%サポート。ハードとソフトの両軸によりクリエイターの意図を忠実に再現します。

10bitカラー相当のなめらかな階調表現が可能

10bitカラー相当のなめらかな階調表現が可能

10bitのコンテンツを10bit相当の階調で表示でき、なめらかで自然なグラデーションが表現可能。刻々と変化する夕焼けの赤や紫、虹の微妙な色合いなどもリアルに再現できます。

制作業界のスタンダートD65ホワイトポイント

制作業界のスタンダートD65ホワイトポイント

画像内の最も白い(明るい)位置を指定するホワイトポイントを、写真や動画の撮影・撮影後の制作作業の基準とされるD65ホワイトポイントに設定。制作者の意図に忠実な色表現が可能です。

2人のエンジニアが語る
「クリエイターモード」

ソニーの「マスターモニター」のノウハウを元に、BT.2020の色域と10bit相当の階調表示に対応し、映像制作者の意図を忠実に再現する画質モード「クリエイターモード」。開発までのストーリーを、2人のエンジニアが語ります。

岡野 正 / Technical Senior Manager 岡野 正 / Technical Senior Manager
松原 直樹 / Display Engineer 松原 直樹 / Display Engineer

TECHNOLOGIES

映画クオリティの動画が撮れるCinema Pro

クリエイティブな撮影を思いのままに Xperia初トリプルレンズカメラ

Xperia 1についてもっと知りたい方はこちら

PASSIONS トップへ戻る