PASSIONSトップへ

プロの写真をXperiaで Photography Pro

プロのフォトグラファー
との共創から生まれた​
フォト撮影専用機能。

ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラαTMで培った技術と使い勝手を継承。
撮影モード、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスなどのマニュアル設定により、
想像を超えたクリエイティブな表現ができます。​

※「Photography Pro」はソフトウェアアップデートにて対応予定。

プロのフォトグラファーとの共創で生まれた、本格的な撮影体験を実現する「Photography Pro」。

世界中のαTMを使用するプロのフォトグラファー​へのヒアリングを重ねて開発。

αTMから継承したUIをXperiaの使い勝手に合わせて最適化。​頻繁に使用する設定ボタンをプレビューから目線を外さずに操作​できる位置に配置。撮影ダイヤルを模したアイコンや、αTMに搭載されている「AF-ON」、「AEL」ボタンも配置するなど、プロのフォトグラファーの声を形にするため、妥協せず改良を重ねました。​​

世界中のαTMを使用するプロのフォトグラファー​へのヒアリングを重ねて開発。

Photography Pro 撮影機能

撮影モード Auto (オートモード)、P (プログラムオートモード)、S (シャッタースピード優先モード)、M (マニュアル露出モード)
フォーカス AF-C / S、マニュアルフォーカス、AF-ON、顔認識 & 瞳AF ON / OFF、フォーカス音、フォーカスエリア
色・露出 カスタムホワイトバランス、ホワイトバランス微調整、AEL、DRO
その他 3:2 アスペクト比、RAW撮影※、ディスプレイ設定、ヒストグラム、水準器 など

※ソフトウェアアップデートで対応予定。

  • 撮影モード画面

    撮影モード画面
  • ズーム画面

    ズーム画面

Xperiaがこだわり続ける「カメラキー」

Photography Proでは、カメラキーによるシャッターを採用。半押しでAFロック状態となり、シャッターチャンスに向けて構えられ、カメラと同じ操作感でシャッターを切ることができます。​また、ハードウェアのキーであるため、手袋を装着したまま操作したり、水でディスプレイが濡れている状況などでも快適に撮影が可能です。

Xperiaがこだわり続ける「カメラキー」

「Photography Pro」の詳しい操作方法は
Xperia使いこなしガイドへ

デジタル一眼カメラαTM
機能をXperiaに。

世界初最高20コマ/秒の
AF/AE追従高速連写

12MPの高画質で最高20コマ/秒​の連続撮影が可能。最高60回/秒のAF/AE演算処理を行うため、​動きの速い被写体でも決定的な瞬間を美しくとらえる。

  • * スマートフォンにおいて。2020年2月23日現在、各メーカーからの公式発表に基づく。ソニーモバイルコミュニケーションズ㈱調べ。
  • ※本機能は、「Photography Pro」(ソフトウェアアップデートにて対応予定)を使用し、標準レンズ(24mm)で利用できます。
世界初*最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写

人物・動物に対応したリアルタイム瞳AF

カメラキーを半押しすると、AIによって被写体の瞳を瞬時に検出してリアルタイムに追従。人物だけでなく、動物の瞳にもピントを合わせたまま追従できるので、大切なペットのかわいらしい表情も撮り逃しません。

  • * 全ての動物が対象ではありません。
  • ※撮影環境などによっては、瞳を検出できない場合があります。
    ※リアルタイム瞳AFは「Photography Pro」(ソフトウェアアップデートにて対応予定)を使用し、標準レンズ(24mm)で利用できます。
人物・動物に対応したリアルタイム瞳AF

プロフォトグラファーによるPhotography Pro​作品集

Nick Didlick | フォトグラファー

Nick Didlick | フォトグラファー

40年以上にわたりプロカメラマン、デジタルイメージングコンサルタントとして活躍。
これまでに60以上もの国で政治に関わる写真、オリンピック、スタンレーカップファイナル、スーパーボウルなどのスポーツイベントを撮影。
彼の写真は世界の主要な新聞や雑誌のトップページを飾る。ロイター・ジャーナリスト・オブ・ザ・イヤーに選出、ピューリッツァー賞に2度ノミネート、ナショナルニュースペーパー賞を受賞。

使用機材:α9 ll、α7R lV、RX0 ll

Ira Block | フォトグラファー

Ira Block | フォトグラファー

40年以上にわたりナショナルジオグラフィック誌の仕事で世界を飛び回り、1978年には、植村直己氏の北極点単独行を記録。
シベリアからアジア、南米、北極まで、彼のレンズは驚嘆すべき物語をとらえ、そのテーマは多岐にわたる。
現在約35万人がインスタグラムで彼をフォローしている。

使用機材:α7R lV、α9、α6600、RX100

PASSIONS トップへ戻る