PASSIONSトップへ

VOICES 音楽プロデューサー tofubeats ワイヤレスでも聴ける高音質なXperiaのハイレゾ音源は、音楽制作の意識を変える

アーティストの息づかいやライブの空気感まで感じ取れるハイレゾ。Xperia 5なら、ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめるLDACに対応。
Xperia 5は、リスナー、そして楽曲制作者が満足できる音を奏でることができるのか。
音楽プロデューサーであり、自身もアーティストとして活躍するtofubeats氏に伺った。
* LDAC対応のスピーカー(別売)やヘッドホン(別売)が必要です。

音楽プロデューサー tofubeats

音楽プロデューサー

tofubeats

音楽プロデューサー

tofubeats

関西学院大学在学中からインターネットで楽曲を公開し続け、2013年にスマッシュヒットした“水星 feat.オノマトペ大臣”を収録したアルバム『lost decade』を自主制作で発売。同年『Don‘t Stop The Music』でメジャーデビュー。森高千里、藤井隆、DreamAmi等をゲストに迎えて楽曲を制作。主なアルバムに『First Album』(14年)、『POSITIVE』(15年)、『FANTASY CLUB』(17年)、『RUN』(18年)がある。SMAP、平井堅、Crystal Kayのリミックスやゆずのサウンドプロデュースのほか、BGM制作、CM音楽等のクライアントワークも多く手がけ、その手腕はジャンルや世代、メジャーインディーズ問わず高い評価を得ている。

Interview

TOFUBEATS / RECORD PRODUCER トーフビーツ / 音楽プロデューサー meets Xperia 5 TOFUBEATS / RECORD PRODUCER トーフビーツ / 音楽プロデューサー meets Xperia 5

『スマートフォンで音楽を聴くことが多いリスナーと、
自分の感覚は近い。』

活動内容を教えてください。

tofubeats : 音楽プロデューサーとして楽曲を制作しています。週末はクラブでDJをやることもありますし、音楽にまつわることは、いろいろやっている感じですね。最近スタジオをつくり、制作場所を東京に移しました。今年は、tofubeatsとして活動するようになってから、唯一アルバムをリリースしていないのですが、次の展開に向けて、今はエネルギーをチャージしています。

写真

その中でも何かトピックになったことはありましたか?

tofubeats : 面白かったのは、今年リリースした「Keep on Lovin’ You」という楽曲のリミックスバージョンを配信したことですね。「Keep on Lovin’ You」をDEFTYというコートジボワールのラッパーが気に入ってくれて、カバーしてくれたんです。そのカバーがすごく面白かったので、すぐにメールでオファーを出して、公式のリミックスとしてリリースさせてもらいました。これまでやってきた海外とのコラボのなかでも、またちょっと違った気分でできたので面白かったですね。

写真

音楽を聴く環境として、スマートフォンが多くなってきていることを、どう捉えていますか?

tofubeats : 普段は、家ではヘッドフォンで音楽をつくって、外ではイヤホンでチェックしています。なので、スマートフォンで音楽を聴くことが多いリスナーと自分の感覚は近いんですよね。自分がやっていたことにみんなが近づいてきてくれてありがたい、という感じですね。

お気に入りのヘッドフォンがあるということですが?

tofubeats : ソニーのMDR-CD900STです。音楽を作り始めた頃に、音の基準になるヘッドフォンとされていたモデルです。業界の標準は時代とともに移り変わりはありますが、高校生の時からずっとこれで音楽を作ってきて、自分の中の基準は、やっぱりこのヘッドフォンなんです。今もスタジオに4台あります。ずっと買い替えて、たまに自分用にカスタムしたりもしていて、すごく好きなヘッドフォンですね。

PASSIONS トップへ戻る